Always Be Myself - インターン

Home

Always Be Myself

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ワークスアプリケーションズ インターンを終えて・・・

昨日、10日間のおよんだワークスアプリケーションズのインターンシップが終了しました。
ってことで漠然と感想など・・・。

コンテンツ

1.概要
2.後悔
3.パス取得後の今後
4.感想

1.概要

以前も書きましたが自分自身に「問題解決能力」があるかを測るインターンシップだったので、何かを教えてもらえたりっていうインターンシップではなかったです。(途中のセッションでは現役の営業、開発、コンサルのGMの方(部長みたいな役職)が来てくれて話してくれたりはします)

ここでいう問題解決能力というのはワークスが定義するところの「ロジカルシンキング×クリエイティブシンキング」の2つで構成されています。

この二つの能力を持ってうまく課題を解決できたら入社パスがもらえるというインターンシップでした。

ちなみに絶対評価である基準をクリアしていたら誰でもパスがもらえるって感じです。
ワークスの採用方針が「優秀な人材なら無限にとっていい」「優秀じゃないなら一人もいらない」って感じの採用方針だからってのがあるみたいです。

2.後悔

私はBパスというこれから3年間いつでも入社させていただけるパスをゲットしましたが結構インターン中に取り組んだ姿勢に関しては後悔しています。

はっきり言ってしまえば、もっとやれたって感じで全部が全部全力で取り組んだったわけではなかったんですよね・・・。自分の持ってる8割くらいの力で取り組んでしまったというのが結構後悔が残るところです。(なのでAパスではないのだと思う)
まぁ自分の能力を見極めるってことに関してはだいたいの予測のもとに「これくらいの成果を出せばパスの基準をクリアするだろう」ってのはありましたけどね・・・。

性格的に冷めているせいか(あんま自分のこういうところは好きじゃないけど)、全力ではなかったです。
「誰かのため」になることなら全力で取り組めたりはするんですけど、「自分のため」ってなるとなかなか全力で物事に取り組めないんですよね・・・。

来年参加したいと思っている人は真面目に全力で取り組むことをオススメします。
そうしなければ、同じ時間を投資しているのに得られるものの質に差がかなりでてくると思います。

3.パス取得後の今後

パス取得後に関しては、ワークスアプリケーションズ社が私達の就職活動をバックアップしてくれます。(私は院いくのであんまり意味ないですけどw)
具体的には人事の方がキャリア相談にのってくれたり、会社選びのための軸、情報の集め方のセミナー等をパス取得者に対して開いてくれます。
その他にも勉強会みたいな機会ももうけてくれるみたいで、これだけでもパスを取得した価値があると考えています。勉強会に関してはドラッカーの「ネクスト・ソサエティ」を読んできて、それに関して議論したりするといったものです。ぶっちゃけこれが私的には一番ワクワクしていますw

4.感想

参加してよかった。
まぁこれにつきますよねw
とりあえず大体の自分の能力に関しては客観視できたし、どういったタイプかということに関してもぼんやり見えてきたように思います。
社員の方は魅力的な人が多いですし、賢くて話してておもしろいです。
そいった人達から刺激を受けることも多かったですし、学べるものも多いインターンシップでした。
後輩にオススメしたいインターンシップランキング上位に毎年入るだけはあるなぁといった感じです。
来年就活控えてる人には私も是非オススメしたいインターンシップです。



ワークスアプリケーションズインターンシップ選考会

先週の火曜日に大阪にてワークスアプリケーションズの夏インターンの1次選考会が行われたので行ってきました。
ホントはCEOの牧野さんの話だけだと思っていたのでちょっと面食らいました・・・・

牧野さんの話の内容は「これからのビジネスパーソンに求められる力」というないようで大企業がなぜ学歴のよい人物を必要とするのかといった話とあわせていろいろ話してくださいました。内容は後日書きたいと思います。

インターンシップ選考会の内容ですが、ロジカルシンキングの力を試す筆記問題(もちろんマーク式)と小論文でCEOのお話を聞いて「あなたが考えるこれからのビジネスパーソンに求められる力を論ぜよ」といった内容だったと思います。

論理的思考力をはかる試験の対策としては、公務員試験用の「判断推理」や「数的推理」といった書籍を用いてやっておけばまぁいけます。

上・中級公務員 標準判断推理―確かな解答力が身につく“基本書”
上・中級公務員 標準判断推理―確かな解答力が身につく“基本書”
おすすめ平均
stars公務員試験用としては最速かどうかは微妙
stars解説がわかりやすい
stars空間把握がわかりやすいです。
starsコンサル筆記対策の最良本
starsコンサル筆記試験対策に

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


上・中級公務員標準数的推理―基礎から体系的に学べる“基本書”
上・中級公務員標準数的推理―基礎から体系的に学べる“基本書”
おすすめ平均
stars力はつくと思います★
stars基礎
stars裁事によい?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


あとSPIっぽいかな?って感じましたので、そっち系の本をやっておいてもいいかもしれません

小論文の書き方はESを書くとと同じように結論をまず先に述べて自分がいったいこれらか何を論じたいのかということを書き、そこからその理由などを書いていくやり方が適切であると思います。小論文というよりはほんとESを書くときのような感じで相手に見やすく、アピールしたい箇所に[]をつけるなどしていけば合格する確率が上がるんじゃないでしょうか?

私は[]をつけるなどはしませんでしけど選考通ったのでそこまでやる必要はないのかもしれませんが、やれることはすべてやったほうがいいですかね・・・

ってことで今週、2次選考であるグループディスカションしに行ってきます。




富士通サマーインターンまとめ&感想

一言で言うなら参加して非常によかったと思います。たくさん学べるものがあった。富士通内定者との方とも話をする機会があったのですが(内定者がスタッフとして参加)有意義なものでした。

まずしっかりと知識のアウトプットを行えたという点が自分としてはよかったです。また社会人基礎力を認識する上でもよかったです。社会人基礎力をかなり意識するようになりました。

またQCD(Quality,Cost,Delivery)を意識しできるようになりました。とりあえずDelivery(納期)だけは絶対だと初日に言われてその後も時間に関しては何度も忠告があり、時間に関しても敏感になれた点がよかったと思います。

そしてPDCAサイクルをしっかり行い常に螺旋状に発展させていくことの必要性が身につきました。これもほぼ毎日実行するように言われ続けました。インターン中PDCAサイクルを絶やさず行うことにより成長できたような気がしています。

何度か仲間からフィードバックをもらう機会があったのでこういった普段ではしてもらえないようなことを行ってもらえたのはとてもいいコンテンツだったと思います。

私が指摘された弱点は、「もっとテレビを見て話題を広げやすくしろ」、「音楽を聞け」、「自分の意見を最後まで貫きとおさないことがあるので時には貫き通してもよい」、「点としての知識はすごいけどそれを線として結びつけることができていない」、「もっと遊べ」、「生を急ぎすぎてる」、「マニュアル臭い」、「ロボットみたいだと感じた」、「たばこをやめろw」ってな感じでした。

マジで普段の生活ではこういったフィードバックは中々もらえることができないのでこれが一番の収穫だったと思います。

コンテンツ自体の内容は今まで書いたような感じですが、ブログには書ききれないほどの直接的な経験から得られたものは多いです。機会があればまたこういったインターンにも参加したいと思います。

最後に人材センターの方から頂いた言葉を書いておきます。

行動しない限りは、どんな反省も、どんな素晴らしい考えも無いに等しい
他人はあなたが変わろうがどうだろうがどうでもいい
自分から変わるしかない

アメリカの心理学者ウィリアム・ジェームズの言葉

心が変われば行動が変わる
行動が変われば習慣が変わる
習慣が変われば人格が変わる
人格が変われば運命が変わる
運命が変われば人生が変わる-William James

ルーズベルト大統領の言葉

Keep your eyes on the stars and your foot on the ground-Theodore Roosevelt

富士通サマーインターン5日目

ついに最終日です。前日の糞しんどかったワークの成果を出すために発表へと向かいました。といっても私の役割はそんなになかったのですがw いくつかプレゼンテーションに関する本を読んではいたので、発表の担当者となったかたにはいくつかのアドバイスをすることはできました。

全16チームで争うのですがまず8チームずつに分かれてその中で最優秀なチームをそれぞれ決め、最終的には2チームで争うという形式でした。

発表全体の感想としてはどこの班も対象となった組織の課題がだいたい同じではありましたが、そのソリューションの方法は全く違っていました。ここは知識や創造力の差がでていたと思います。また、客の視点に立てずに説明の仕方が自分達が伝えたいことをすべて伝えてしまっているところや、背景説明が薄いところなどもあったと思います。

私の班は結果としては全体の中で最優秀賞を得ることができました。勝因としては個々の能力が高く、またしっかりと全員が参加し各々の仕事をこなし、議論のがかなりしっかりとできていたことにあると思います。

最優秀の班には名誉と粗品が与えられるのですが、粗品の方は秘密ですw 事前の発表では○○○という形で伝えられていたので私達の班ではFMVを期待していたのですが・・・・w まぁ丸3つなら値段とかも考えると容易に想像つくとは思いますw

これが最後に与えられた修了証


?account_id=yusuke.snake.seraphim%40gmail.com&ui=2&view=att&th=123228fb6511f953&attid=0.0&disp=inline&auth=DQAAAIgAAABu9jLNpRZmxTWr5UkG3bsDEO_q7_wUdxWn_xrt0Y6rB4MY3bmQwVK-XfO7EdUL157qLKJQuT2iAwFNtoIwhwauJwHxfCQ6o6oJXQKPkAOXfR6LKDMLjaCyXzsNnw0Ys0dnJsY1ZJn2

富士通サマーインターン4日目

4日目は朝から夕方まで時間を与えられ5日目にソリューションをプレゼンするための準備をする日という位置づけでした。その課題内容とは富士通の社員となりきり、ある組織に対してITソリューションの提案を行うというものでした。もちろんここでもその組織の置かれている状況が書かれた内容のプリントのみ渡されそこから課題を抽出するということから始めねばなりませんでした。

この組織の置かれている状況というのがほんとかなり複雑で昨日とは比べ物にならないほどのものでありました。なおかつ競合他社との比較で富士通がその強みを活かしてそのソリューションを採用してもらえるようにしなければならないということもあり、このワークは困難を極めました。私は戦略立案担当者みたいな役割となったのですが、もうそんなの関係なしにみんな議論しまくりで昨日以上にハードな論戦が繰り広げられ正直かなりしんどかったです。内容的には富士通の強みを活かすということで文系の方にはちょっとしんどい内容だったと思います。(サーバーとかそこらへんでわからなかったみたいです)理系の方でもITや情報の分野に興味がない方にはとてもハードな内容だったと思います。午前中を全部使って分析を行って、課題を解決する方法のアイデア出しを行ったのですが、ここで一番意見が割れまとまり切らずに昼休みに突入という最悪な流れになってしまいした。昼休みに調査したらどこも似たような感じで少し安心はしたのですがw

午後からはもう時間がないということで全体から部分に徐々に落とし込んでいき、なんとか提案を完成させることができました。あまり詳しいことは書けないのでうまく伝えることができませんがかなり良い提案が完成したと思います。

そして、5日目のソリューションの発表へ

Home

twitter
スポンサーリンク
Tag Cloud
Categories
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。