Always Be Myself - 社会

Home

Always Be Myself

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

図にすると物事の本質が見える-図で考えるとすべてまとまる

図で考えるとすべてまとまる
図で考えるとすべてまとまる村井 瑞枝

おすすめ平均
stars図でまとめることの重要性と具体的手法が書かれた書籍
stars学校では教えてもらえなかった「図」とは何かをシンプルにまとめた良書。
stars試したくて仕方がない!!
starsシンプルなものにこそ真実が宿る
starsわかりやすい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


インプットばかりしてアウトプットがおろそかになりがちな人に是非読んでもらいたい本です。
本書は自分の考えを図に落としこむための手法を教えてくれます。
図は複雑なことでも一目で理解できるように簡単にし、問題解決に一役かってくれます。

目次
第1章 あなたは文字で考える人? 数字で考える人? それとも……

第2章 図で考える人の5つのメリット

第3章 絵を書くのがヘタでも大丈夫です!

第4章 7つの必勝パターンを身につけよう!

第5章 実際に、図を使ってビジネスを考えてみる!

第6章 プロフェッショナルの資料の作り方


私たちは絵が書くのが億劫です。それは単にめんどくさいだけであったり、絵が下手であるからとかの場合もあります。しかしみなさんも経験があると思いますが、文字や言葉、数字だけで説明されるというのは非常に理解するのに負担がかかります。特にプレゼンの資料がグラフなしなどの場合は最悪です。それだけでもうそのプレゼンを聞く気が失せてしまいます。

しかし、図がふんだんに使われていると目に入った瞬間に何が書かれているのかが把握できます。これが図のちからなのです。いままで図を使ってなかったのがバカらしくなるくらいです。例えばグループディスカッション、チームで会議してるときなども図を用いること、ひとつの図を全員で共有することによって一気に場の理解が深まり、ディスカッション、会議ともに充実したものになったという経験がたくさんあります。

やはり、文字、言葉だけで言われても中々理解できませんし、整理もしきれません。
自分が図なしでいろいろ言われてるところを想像したら、嫌というほどそれがわかると思います。

本書はそのような図を使うことによるメリット、手法を我々に伝えてくれます。図を使うということは自分の考えをまとめるということでもあり、繰り返すことによって質の高いアウトプットを産み出していけると思います。

いままでアウトプットを疎かにしていた人はぜひ本書をとって図を用いたアウトプットの手法をみてみてください。





図で考えるとすべてまとまる
図で考えるとすべてまとまる村井 瑞枝

おすすめ平均
stars図でまとめることの重要性と具体的手法が書かれた書籍
stars学校では教えてもらえなかった「図」とは何かをシンプルにまとめた良書。
stars試したくて仕方がない!!
starsシンプルなものにこそ真実が宿る
starsわかりやすい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

天才になるために必要なもの

天才! 成功する人々の法則
天才!  成功する人々の法則勝間 和代

おすすめ平均
starsお得な本です。
starsこの本の要点。
stars「アウトライアー(原題)」に関する本
stars天才になれるハウツー本ではない。
stars常識を覆す衝撃的な一冊

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


どんな天才もそこにいたるまでには10000時間程度の努力を行っている・・・そいった結果を示す調査の例が本書のなかにはたかくさんでてきます。そこにはまったく練習せずにうまくできる人間も、練習したのにまったく上達しなかったという人間も存在しなかったと書かれています。

しかし誰でも10000時間の努力をしたからといって天才になれるわけではなく、天才と称されるためには10000時間の努力とタイミングが重要なのです。例えばビル・ゲイツがもっと早くwindowsと作ったとしてもあの成功は得られてなかったでしょう。あのタイミングだったからよかったのです。タイミングが重要であることを示す最近の例だとipod(初期)があげられると思います。実はipodが出るずっと前にHDDを搭載した音楽プレイヤーは発売されていたのですが、まったく売れることはありませんでした。これは売り出すタイミングが重要であったためです。(もちろんappleのブランド、マーケティングがの影響も十二分にでかいですが・・・

天才と称されるようになるには10000時間の努力というのは必要条件であって十分条件ではないということです。


10000時間後、たとえ天才と称されるにいたらなくてもその10000時間が無に帰すわけではありませんから天才級の能力自体は手に入っているのでしょう。

加えて、才能が影響する部分もあるので誰しもがその分野(例えばスポーツや音楽)で天才的なものを示せるわけではありませんが、10000時間の努力の後に得られる結果というのは、その分野においては尊敬されるものとなっているはずです。ここで重要なのが天才と称されるまでに能力を高めることが我々にも可能なのか?ということですが、この法則にしたがえば10000時間の努力があればその能力に到達することは可能なのです。

10000時間という時間が実際にどれくらいのものであるか計算してみましょう。

1年で10000時間の努力を行うとすると・・・・
10000/365=27.3972・・・時間の努力が一日あたりに必要みたいですw

2年だと・・
10000/730=13.6986・・・時間

5年だと・・
10000/(365*5)=5.478・・・時間

10年だと・・・
10000/(365*10)=2.73・・・時間

この結果から見る限り一日2.8時間ほどの努力を10年続けるのが一番現実的ですね・・・

みなさんが何かほしいスキルがあるのならば今からでも遅くはないはずです。
今20歳ならば10年後・・・30歳の時にはものすごいスキルを手に入れているはずです。30歳といえば人生まだまだこれからの時ですからその時にものすごいスキルが手に入ってるなんて素敵じゃありません?

ちなみに10000時間しなきゃ何の変化も訪れないというわけではもちろんないはずですwその過程の中で徐々に成長して10000時間後の変化が0時間の時に比べて天才級になっているということなのでしょう。

よくよく考えればスポーツ選手なんかは子供のころからずっとそのスポーツやってきて20歳前後で結果を出すわけですからちょうど10年後って感じで法則にあてはまってますよね。

私も今から何か新たにはじめてみようかな・・・
っていうかがくせいのうちにはじめておかなければ・・・
社会人になってからは厳しそうだ・・・

天才! 成功する人々の法則
天才!  成功する人々の法則勝間 和代

おすすめ平均
starsお得な本です。
starsこの本の要点。
stars「アウトライアー(原題)」に関する本
stars天才になれるハウツー本ではない。
stars常識を覆す衝撃的な一冊

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


知らないと損する量質転化の法則活用法 

「量質転化の法則」という言葉をご存知でしょうか?
これはある一定量の行為を積み重ねることで、その行為自体に質的な変化を起こる現象を指しています。
すなわち、たくさんの量をこなせばこなすほど、その行為に質的な変化が訪れ、外に表れる成果がまったく違った次元のものになるということです。
この「量質転化の法則」は弁証法の3つある基本法則のうちのひとつです。

弁証法についてwikipediaより
弁証法(べんしょうほう、ギリシア語διαλεκτική、英語dialectic)とは、哲学の用語で、現代において普通にいわれるときには、ほとんどがヘーゲルやマルクスの弁証法を意味し、世界や事物の変化や発展の過程を本質的に理解するための方法、法則とされる(ヘーゲルなどにおいては、弁証法は現実の内容そのものの発展のありかたである)。しかし、この言葉を使う哲学者によって、その内容は多岐にわたっており、弁証法=ヘーゲル・マルクスとして全てを理解しようとするのは誤りである。


「弁証法とはどういう科学か」の著者である三浦さんが定義するところによると「量的な変化が質的な変化をもたらし、また質的な変化が量的な変化をもたらすというのが『量質転化』の法則です」ということみたいです。(弁証法はどういう科学か (講談社現代新書 (159))
p.212)

この「量質転化の法則」というのは、元々は物理学で「相転移」と呼ばれる現象のことを指しており、量的な変化が大きくなると質そのものが変化することを指しています。例えば、温度が上がれば上がるほど、水は質的に氷→水→水蒸気というように変化するような現象のことです。これは自然法則ですので私達の日常にもそのままあてはめることができます。

以下のような話をきいたことがあります。
ある陶芸の素人さんが二人いたとします。
一人の方は良い作品をつくるためにひたすら作品を作り続け多くの失敗作も作りました。
もう一方の人は「どうすれば良い作品が作れるだろうか?」と考え続け、実際に作品をつくるということは中々ありませんでした。

結果は「ひたすら作品を作り続けた素人」の人のほうが早い段階で優れた作品をつくれるようになり師匠の元から巣立っていったようです。

ここから得られる教訓は失敗を繰り返すことにより、そこから多くのものを学び取り、改善を繰り返すことによって最終的には質的な変化が訪れたということであると思います。
最初から考え続けた人は、質を追い求めて「頭でっかち」になってしまい、改善を行う機会が得られるタイミングが遅れてしまったのでしょう。実際に物事を進めてみると最初に想定していなかった問題、困難がが発生するというのはよくあることです。そうした機会を失うことは非常に大きな損失となるでしょう。

もちろんバカのひとつ覚えみたいに、何も考えずに練習だけ繰り返すということでは質的な変化は訪れないでしょう。
しかし、考えているだけではダメだということです。 最初からうまくいくわけはないのですから、実際に行動を起こし、失敗を繰り返すことによって質的な成果の訪れを獲得することができるのだと思います。

多くのひとはこの質的な変化が訪れつまで量をこなすことはできず、また量をこなした人達でも質的な変化が訪れた時点で量をこなすことをやめてしまっていることが多いみたいです。そして、この質的な変化が訪れたあとでも量をこなし続けてる人が「天才」と呼ばれているようですね。

ちなみに、天才と呼ばれる人達は10000時間の努力を行っているということが天才! 成功する人々の法則に書かれています。

この10000時間については次にでも書きたいと思います。


弁証法はどういう科学か (講談社現代新書 (159))
弁証法はどういう科学か (講談社現代新書 (159))
おすすめ平均
stars“道具視される弁証法”の最高の教科書
stars何十年経っても三浦語は新しい
starsものの見方・考え方
starsハーバード・ビジネス・レビューでも取り上げられた、弁証法
stars弁証法的世界観の最良の入門書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



天才! 成功する人々の法則
天才!  成功する人々の法則勝間 和代

おすすめ平均
starsお得な本です。
starsこの本の要点。
stars「アウトライアー(原題)」に関する本
stars天才になれるハウツー本ではない。
stars常識を覆す衝撃的な一冊

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

情報の海をいかに泳ぐか-情報調査力のプロフェッショナル

情報調査力のプロフェッショナル―ビジネスの質を高める「調べる力」 情報調査力のプロフェッショナル―ビジネスの質を高める「調べる力」

ダイヤモンド社
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今では誰でもインターネットを通せばある程度の情報を得ることができますが、あまりにその調べるべき場所が広大すぎるためにまず何をしたらいいかわからない方への指南書。何事もfactベースで考えることが大切であるが、まずそのfactをいかにして集めるのか?ということに焦点を当てています。

情報が氾濫している現代においては、まさにその情報量は無限大です。どこまで調べればokなのか?モレなくダブリなく調べることが本当にできているのか?(MECE)といった「調べる」ことに関しての知識を与えてくれます。

序章 プロフェッショナル・リサーチャーの作法
第1章 調べる仕組みとは
第2章 ビジネス情報ニーズの範囲
第3章 企業と人物について調べる
第4章 基本のリサーチ1 「企業」「人物」
第5章 業界について調べる
第6章 基本のリサーチ2 「業界」「消費者」
第7章 情報のプロフェッショナルへの道

Continue reading

想像は知識に勝る-イノベーションシンキング

イノベーション・シンキング イノベーション・シンキング

ディスカヴァー・トゥエンティワン
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ラテラルシンキング-水平思考と呼ばれる思考法について解説された本が本書です。
水平思考とは創造的教育の研究者エドワード・デ・ボーノ博士が提唱した発想法です。私達は論理やその因果関係を重視しがちになってしまいますが、そのアンチテーゼとして生まれたのがこの思考法なのです。

現在求めらている力といのは直線的な思考、論理的にwhy?why?why?を繰り返していくような力だけではなく(もちろんこの力も大切ではある)、物事をまったく別の角度からみて解決策を生み出す水平思考の方が必要とされていると述べらています。これは持続的な改善といのは論理的な思考で行うことは可能ですが、革新的な改善にはつながらないからです。それに論理的に考えるというのはすでに誰にとっても”当然”のことであるので別の能力が求められているという理由もあります。

0 いま必要なのは、イノベーションを起こせる思考力。 ただの創造力ではだめだ! 
パート1 水平思考10のスキル
   スキル1 前提を疑う
   スキル2 探り出す質問をする
   スキル3 見方を変える
   スキル4 奇抜な組み合わせをしてみる
   スキル5 アイデアを採用し、応用し、さらに改良する
   スキル6 ルールを変える
   スキル7 アイデアの量を増やす
   スキル8 試してみて、評価する
   スキル9 失敗を歓迎する
   スキル10 チームを活用する
パート2 イノベーションのための組織づくり

Continue reading

Home

twitter
スポンサーリンク
Tag Cloud
Categories
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。