Always Be Myself - 雑記

Home > 雑記

雑記 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

すでに就職氷河期どころか就職永久凍土的な感じじゃね?

世間では新卒が就職できなくて、「就職氷河期だ!」って話であふれてたりしますが、これからはもう氷河期がずっと続くよねってお話です。
もうそろそろ現実を見て「氷河期」って言葉を使うのをやめたほうがよいのではないかと思う。
だいたい氷河期って言葉自体に「一時的」なニュアンスが含まれてるしね。

それではなぜ「就職氷河期」が永久に続くのか?ってことに関して見ていきたいと思う。
理由は3つある。

1.日本がもうこれ以上成長しない
2.日本の大企業はもう日本人を採用する必要性がない
3.企業に新卒を教育する体力が残っていない

1.日本がもうこれ以上成長しない

これはもうどうみても明らか。
人口は減っていくし。
どんなにポジティブにみても0%成長の時代ってのがやってくる。すなわちこれからはマイナス成長が当然として見ていかなければならない。

日本が成長しない=日本の企業が成長しないってことにもつながるから企業は人を雇わない=新卒就職率がよくなるわけがない。

これからの時代の新卒における就職率は、日本の成長に比例して悪くなる一方でしかない。すなわち"常に今がベスト"と言わなきゃいけなくなるだろう。就職浪人などしても余計に結果が悪くなるだけということである。

初任給が上がりまくってた時代とはもう状況が全く違う。
現にここ10年くらいは大卒初任給というはほとんど変わっていないはずである。
これは成長していないことを意味する。

2.日本の大企業はもう日本人を採用する必要性がない

ここ最近、ニュースでpanasonicが全世界で採用基準を統一したりとまぁ日本人を雇うつもりがないよね。
これはグローバルな企業としては当然なことで、別にpanasonicは日本人のためだけに存在してるわけではないしね。
だいたい市場の大きさとしては日本なんてすでに大きくないし、これからも大きくなっていく見込みというものがない。企業からしてみれば一番大きな市場(アメリカ、EU、中国・・・)にフォーカスするのは当然のことであってそこで日本人を雇わなければならない必然性はなくなる。
まぁ昔は「Japan as No.1」とかって言われてたりしたから日本人雇い続けてもよかったのかもしれないけど既にそんな時代ではない。

それに簡単な仕事ならばわざわざ給料の高い日本人雇わなくてもいい。もっと安くて同等の質以上で仕上げてくれる人達が世界中にいるわけだし。

3.企業に新卒を教育する体力が残っていない 

世界中の企業との競争、投資に継ぐ投資の連続・・・・このような状況で企業も昔のように新人研修をするための余裕がない。それならばしっかりと専門身に付けた海外の大学生を雇う。聞いた話だけど、彼らのうち優秀な人達は10代のうちから将来を見据えて勉強し、専門性を身につけている。これは日本も同じであるかもしれないが、"就活"という一大イベントをきっかけにして考えはじめる人達が大半なんではないかと思う。(もちろん私も例に漏れないが・・・)ここが内定とるやつは何社でもとってくるが取れない奴は一社もとれないといった現象にもつながってくるのだろう。どこの企業も欲しい人材の性質というのは基本的に似ているものであるらしい。

とまぁだいたいこんな感じでこれからずっと新卒の就職状況がよくなるってことはないのではないかと思います。
むしろ悪化の一途をたどるとしか言えない・・・。

ここで問題なのは私達は一体どうすればいいのか?ということになりますよね。

こんなの散々言われていることだけど

1.語学(英語or中国語)
2.能力

を身につけるしかないですよね。

それも中途採用の人達に少し劣るぐらいの勢いの能力で(できれば上回るくらい)

能力に関しては、多岐(語学も入ってるけど・・・)に渡るけど大きくわけて基本的なスキル(リーダーシップや論理的思考)と専門スキル(自分の専門、デザインならデザインとか)に大別されると思うけどこれを大学生活の間に磨きをかけるしかない。
理想を言えばもっと若い、10代の早いうちからやっておくのが理想だけど、やらなかったこと言ってもはじまらないですしね。

ここで勘違いしてはいけないのが、語学だけを身に付けてもどうしようもないということです。それなら英語が母国語のひとや中国人雇えばいいだけですからw 語学があって当然と考えた上で一体自分が何をして価値を生み出し、社会に貢献して対価を得られるのかを真剣に考えておく必要があるのではないかと思います。

「雇ってもらう」といことを考えた場合、私達のライバルは世界中にいて、その人達は私達よりも遥かに優秀で腐るほどいるということを念頭においておかなければにっちもさっちもいかない状態に陥るんじゃないかな・・・。







GDにおいて人事の方が見ている点

多少時間ができたので久しぶりの更新

ホントは仕組み化して、しっかりブログ更新できるようにしておくべきなんだけどなぁ・・・


この数カ月の間にセミナーなどで得た知識をまとめてみる。

今日はGDにおいて人事の方が見ている点。
この時は外資系消費財メーカーの人事の方が見ている点の話だった。

以下の5点である。

・発言にロジックがあるか(しっかり数字に落とし込めることができているのか)
・積極性
・チームワークはあるか(企業ではチームで動くからチームワークを乱すような奴はいらない)
・消費者志向があるか(消費財メーカーだからこの視点が必要)
・ディスカッションをリードできているか

こうした点を評価しているらいい

・ロジックについて
例えば、ある消費財が500mlであると仮定して1回に2ml消費されるから何ヶ月でなくなるか・・・などと数字化できるということ
これから一人当たりの年間使用量をだしてみたりも必要

・チームワークについて
他人の意見をフォローor否定するにしても嫌な言い方をしたりしないこと
チームでやっているのだから助けあい、サポートすることが重要

・消費者志向
単価の上昇は消費者にとっては一番うれしくないことであったりと、目的達成のために消費者を疎かにしてはいけないということ

天才になるために必要なもの

天才! 成功する人々の法則
天才!  成功する人々の法則勝間 和代

おすすめ平均
starsお得な本です。
starsこの本の要点。
stars「アウトライアー(原題)」に関する本
stars天才になれるハウツー本ではない。
stars常識を覆す衝撃的な一冊

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


どんな天才もそこにいたるまでには10000時間程度の努力を行っている・・・そいった結果を示す調査の例が本書のなかにはたかくさんでてきます。そこにはまったく練習せずにうまくできる人間も、練習したのにまったく上達しなかったという人間も存在しなかったと書かれています。

しかし誰でも10000時間の努力をしたからといって天才になれるわけではなく、天才と称されるためには10000時間の努力とタイミングが重要なのです。例えばビル・ゲイツがもっと早くwindowsと作ったとしてもあの成功は得られてなかったでしょう。あのタイミングだったからよかったのです。タイミングが重要であることを示す最近の例だとipod(初期)があげられると思います。実はipodが出るずっと前にHDDを搭載した音楽プレイヤーは発売されていたのですが、まったく売れることはありませんでした。これは売り出すタイミングが重要であったためです。(もちろんappleのブランド、マーケティングがの影響も十二分にでかいですが・・・

天才と称されるようになるには10000時間の努力というのは必要条件であって十分条件ではないということです。


10000時間後、たとえ天才と称されるにいたらなくてもその10000時間が無に帰すわけではありませんから天才級の能力自体は手に入っているのでしょう。

加えて、才能が影響する部分もあるので誰しもがその分野(例えばスポーツや音楽)で天才的なものを示せるわけではありませんが、10000時間の努力の後に得られる結果というのは、その分野においては尊敬されるものとなっているはずです。ここで重要なのが天才と称されるまでに能力を高めることが我々にも可能なのか?ということですが、この法則にしたがえば10000時間の努力があればその能力に到達することは可能なのです。

10000時間という時間が実際にどれくらいのものであるか計算してみましょう。

1年で10000時間の努力を行うとすると・・・・
10000/365=27.3972・・・時間の努力が一日あたりに必要みたいですw

2年だと・・
10000/730=13.6986・・・時間

5年だと・・
10000/(365*5)=5.478・・・時間

10年だと・・・
10000/(365*10)=2.73・・・時間

この結果から見る限り一日2.8時間ほどの努力を10年続けるのが一番現実的ですね・・・

みなさんが何かほしいスキルがあるのならば今からでも遅くはないはずです。
今20歳ならば10年後・・・30歳の時にはものすごいスキルを手に入れているはずです。30歳といえば人生まだまだこれからの時ですからその時にものすごいスキルが手に入ってるなんて素敵じゃありません?

ちなみに10000時間しなきゃ何の変化も訪れないというわけではもちろんないはずですwその過程の中で徐々に成長して10000時間後の変化が0時間の時に比べて天才級になっているということなのでしょう。

よくよく考えればスポーツ選手なんかは子供のころからずっとそのスポーツやってきて20歳前後で結果を出すわけですからちょうど10年後って感じで法則にあてはまってますよね。

私も今から何か新たにはじめてみようかな・・・
っていうかがくせいのうちにはじめておかなければ・・・
社会人になってからは厳しそうだ・・・

天才! 成功する人々の法則
天才!  成功する人々の法則勝間 和代

おすすめ平均
starsお得な本です。
starsこの本の要点。
stars「アウトライアー(原題)」に関する本
stars天才になれるハウツー本ではない。
stars常識を覆す衝撃的な一冊

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


知らないと損する量質転化の法則活用法 

「量質転化の法則」という言葉をご存知でしょうか?
これはある一定量の行為を積み重ねることで、その行為自体に質的な変化を起こる現象を指しています。
すなわち、たくさんの量をこなせばこなすほど、その行為に質的な変化が訪れ、外に表れる成果がまったく違った次元のものになるということです。
この「量質転化の法則」は弁証法の3つある基本法則のうちのひとつです。

弁証法についてwikipediaより
弁証法(べんしょうほう、ギリシア語διαλεκτική、英語dialectic)とは、哲学の用語で、現代において普通にいわれるときには、ほとんどがヘーゲルやマルクスの弁証法を意味し、世界や事物の変化や発展の過程を本質的に理解するための方法、法則とされる(ヘーゲルなどにおいては、弁証法は現実の内容そのものの発展のありかたである)。しかし、この言葉を使う哲学者によって、その内容は多岐にわたっており、弁証法=ヘーゲル・マルクスとして全てを理解しようとするのは誤りである。


「弁証法とはどういう科学か」の著者である三浦さんが定義するところによると「量的な変化が質的な変化をもたらし、また質的な変化が量的な変化をもたらすというのが『量質転化』の法則です」ということみたいです。(弁証法はどういう科学か (講談社現代新書 (159))
p.212)

この「量質転化の法則」というのは、元々は物理学で「相転移」と呼ばれる現象のことを指しており、量的な変化が大きくなると質そのものが変化することを指しています。例えば、温度が上がれば上がるほど、水は質的に氷→水→水蒸気というように変化するような現象のことです。これは自然法則ですので私達の日常にもそのままあてはめることができます。

以下のような話をきいたことがあります。
ある陶芸の素人さんが二人いたとします。
一人の方は良い作品をつくるためにひたすら作品を作り続け多くの失敗作も作りました。
もう一方の人は「どうすれば良い作品が作れるだろうか?」と考え続け、実際に作品をつくるということは中々ありませんでした。

結果は「ひたすら作品を作り続けた素人」の人のほうが早い段階で優れた作品をつくれるようになり師匠の元から巣立っていったようです。

ここから得られる教訓は失敗を繰り返すことにより、そこから多くのものを学び取り、改善を繰り返すことによって最終的には質的な変化が訪れたということであると思います。
最初から考え続けた人は、質を追い求めて「頭でっかち」になってしまい、改善を行う機会が得られるタイミングが遅れてしまったのでしょう。実際に物事を進めてみると最初に想定していなかった問題、困難がが発生するというのはよくあることです。そうした機会を失うことは非常に大きな損失となるでしょう。

もちろんバカのひとつ覚えみたいに、何も考えずに練習だけ繰り返すということでは質的な変化は訪れないでしょう。
しかし、考えているだけではダメだということです。 最初からうまくいくわけはないのですから、実際に行動を起こし、失敗を繰り返すことによって質的な成果の訪れを獲得することができるのだと思います。

多くのひとはこの質的な変化が訪れつまで量をこなすことはできず、また量をこなした人達でも質的な変化が訪れた時点で量をこなすことをやめてしまっていることが多いみたいです。そして、この質的な変化が訪れたあとでも量をこなし続けてる人が「天才」と呼ばれているようですね。

ちなみに、天才と呼ばれる人達は10000時間の努力を行っているということが天才! 成功する人々の法則に書かれています。

この10000時間については次にでも書きたいと思います。


弁証法はどういう科学か (講談社現代新書 (159))
弁証法はどういう科学か (講談社現代新書 (159))
おすすめ平均
stars“道具視される弁証法”の最高の教科書
stars何十年経っても三浦語は新しい
starsものの見方・考え方
starsハーバード・ビジネス・レビューでも取り上げられた、弁証法
stars弁証法的世界観の最良の入門書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



天才! 成功する人々の法則
天才!  成功する人々の法則勝間 和代

おすすめ平均
starsお得な本です。
starsこの本の要点。
stars「アウトライアー(原題)」に関する本
stars天才になれるハウツー本ではない。
stars常識を覆す衝撃的な一冊

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

PCの故障・・・

久しぶりの更新です。

これにはいろいろとわけがあって・・・・

なんと俺のLet's W7が留学の途中で異音を発生し始めちゃいましたorz

そこからPCの利用を停止して、帰国後はすぐに修理センターへ・・・・

そこで基盤の交換やらなんやらされてるみたいです。

いやぁ・・・・さすがにヘビーな使い方してたからあんな小型のモバイルにはきつかったみたいです。
2年ちょっとで壊れてしましたのでメーカーの保証は有効ではありませんでしたが、家電量販店の延長保証に入っていたのでそれでなんとか修理することができました^^

修理不可能ならS9買ってやろうと考えていましたが、実際は財布が死ねるのでよかったw

Home > 雑記

twitter
スポンサーリンク
Tag Cloud
Categories
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。