Always Be Myself - 社会

Home > 社会

社会 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

スウェーデンの社会福祉の充実度はうまくいってればうらやましいが・・・

スウェーデン・モデルは成功か失敗か 福祉大国「素顔」を現地ルポ JBpress(日本ビジネスプレス):http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/1606

私立も含め小学校から大学院まで教育も全て無料、上記の記事にあるように文房具までもが無料だということです。遠足までもが無料で行われるとは・・・・。日本現状から考えるとありえないようなことがスウェーデンでは起こっているようです。そして誰でも(外国人でも)大学や大学院でタダで学べるなんてもう・・・。

様々なスウェーデン・モデルのよいところが実際に体験されてる方のレポートなのでリアルティがあります。

いろいろ問題もあるみたいですが(資金不足からくる医者不足など・・・)

ではなぜ日本は同様な風にはいかないのだろうという疑問がわいてきます。

まずちょっとした比較から→日本とスウェーデンの比較

面積で見るとスウェーデンの方が大きいみたいですね。人口の規模も。GDP全体だけをみると圧倒的に日本の方が多いですが、一人当たりに直すとスウェーデンの方が多い。(日本は昔からなぜか労働生産性がとても低いですが・・・)ここには載っていませんがODAもGNI比でみればスウェーデンの方が多い・・・。(日本の方がいろいろ求められてたくさん金出してるのが原因ではないかと考えてみたんですが・・・)

もちろん税金はかなりの高負担とはなっているようで、福祉の充実度と引き換えにこうなるのは仕方ないでしょう。そしてスウェーデンが日本のように経済が停滞するようなことがあれば一気にこの体制が崩落するなどともいわれており、こういったことを持続させていくには安定的な経済成長は必須のようです。(もちろんこういった面からだけでなく経済成長はなければ終わりますが・・・)

ここで本題ですがメディアでよく伝えられるいわゆる北欧モデルというのはこうしたよい面ばかりが強調されてでてきますが、実際にはこういった記事から感じているほどうまくいってるようではないようなのです。
そういったことは以下のリンク先などのリンクから読み取ることができます。

http://q.hatena.ne.jp/1120375201
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa454241.html

いろいろ見て感じることですがこれは国民がどういった選択をするのかという問題になってきます。スウェーデンの人達は貯蓄といったことをする習慣があまりないようです。(政府に補償されてるから)なので高額な税金にも文句はないみたいです。(第一それは自分達が選んだとう自覚がある)。

こうしたスウェーデンのモデルはまさに国民総中流といった感じでしょう。ただデメリットの面をみていると私はこうしたモデルが絶対にいいとは言い切れないです。まぁ日本がこうしたことをやろうとしても無理だとは思いますが・・・。高額な負担を国民が嫌うし、第一政府の信頼が完全になくなってしまっていますからねw

大学サイトランキング

ゴメス・コンサルティング株式会社というところが出しているランキングの中に大学サイトランキングといものがあります。上位の大学のサイトを訪れてみるとわかりますがやはり直感的に使いやすいです。プレスリリースはこちら

順位 得点  大学名                   

1位   8.99   関西大学               

2位   8.59   立教大学               

3位   8.55   中部大学                 

4位   8.50   広島経済大学         

5位   8.49   東京農工大学 

6位   8.45   龍谷大学             

7位   8.38   立命館大学             

8位   8.33   北星学園大学       

9位   8.29   同志社大学             

10位 8.28   国士舘大学             

11位 8.26   慶應義塾大学     

12位 8.24   近畿大学                 

13位 8.22   明治大学                

14位 8.18   國學院大學          

15位 8.16   関西学院大学    

16位 8.15   中央大学               

17位 8.13   早稲田大学         

17位 8.13   流通科学大学     

19位 8.10   神戸女学院大学 

20位 8.08    専修大学            

見事にほとんどが私立大学ですね。私立大学としては学生を集めて受験してもらうためにはこうした情報発信が欠かせないからでしょう。私立大学のほうが大学数が多いからこういった結果になるって風に考えることもできますが、やはりこれからどんどん淘汰されていく私立大学としてはこういった面も十分に強化していかなければいずれは無くなっていくのでしょう。情報発信という面からいうと国立大学しっかりと強化はしていくべきだとは思いますが、あまりその必要性を感じていないのでしょうかね? もちろんこういったランキングだけが全てだとは思っていませんが、今回使われた指標ではこのような結果になってはいます。

詳しくは上記のリンク先を見ていただければわかりますが詳細な分析が載っております。

ちなみにこのゴメス・コンサルティングはいろいろなEコマースサイトのランキングを提供しており参考になることが多いです。→こちら

適当に言い訳してないでMS officeの基本的な3つぐらいマスターしようぜ

説明書を読まない人が増えてきてると言われて久しい今日この頃ですが、これはまぁいろんな分野のことに言えることで、officeとかの操作においても言うことができるわけです。ちょっとしたことができるだけで、「すげぇ」「PC詳しいね」の嵐ですよホント。いや、お前らこのぐらい知っとけよ・・・っと心の中で思ったりするわけです。「このぐらいすぐできるようになるよ」と言ってみても次に会った時にマスターしてることなんてほとんどないんですよね。誰かが言ってましたが「あらかじめ説明書を読み、理解しておくだけでその後の時間効率がものすごく変わる」のです。(確か勝間さんの本かな?) ちゃんとマスターしないとそれだけで時間の損です。
ですのでofficeの基本的な3つのソフトword, excel. power point の3つぐらいはちゃんと理解しておきましよう。特に大学1年生はこの夏マスターしておくことをオススメします。「そんなもの今更勉強する必要ないぜwwwww」って思うかもしれませんが、だまされたと思って図書館とかで解説書の類を手に取ってみてください。知らないことだらけだと思います。これから長いこと付き合っていくoffice系のソフトなんですからしっかり使い方をマスターしておきましょう。ちなみにoffice2010は2003から2007の時のような大きな変更はないのでそこらへんは気にしなくても大丈夫です。しんどいかたは基礎編とかだけでもがんばってやってみましょう。

よくわかるMicrosoft Office Word2007 (基礎) よくわかるMicrosoft Office Word2007 (基礎)
富士通エフ・オー・エム

FOM出版/富士通エフ・オー・エム
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
よくわかるMicrosoft Office Word 2007 (応用) よくわかるMicrosoft Office Word 2007 (応用)
富士通エフ・オー・エム

FOM出版/富士通エフ・オー・エム
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
よくわかるMicrosoft Office Excel 2007 (基礎) よくわかるMicrosoft Office Excel 2007 (基礎)
富士通エフ・オー・エム

FOM出版/富士通エフ・オー・エム
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
よくわかるMicrosoft Office Excel2007(応用) よくわかるMicrosoft Office Excel2007(応用)
富士通エフ・オー・エム

FOM出版/富士通エフ・オー・エム
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
よくわかるMicrosoft Office PowerPoint  2007 よくわかるMicrosoft Office PowerPoint 2007
富士通エフ・オー・エム

FOM出版/富士通エフ・オー・エム
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

余裕があれば以下の2冊も

Microsoft Office Power Point 2007 ビジネス活用編 Microsoft Office Power Point 2007 ビジネス活用編
富士通エフオーエム

FOM出版/富士通エフ・オー・エム(株)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Excel 2007 ビジネス活用編 関数テクニック  R付 Excel 2007 ビジネス活用編 関数テクニック R付
富士通エフオーエム

FOM出版

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

ちなみにMOS(microsoft office specilist)をとれと言ってるわけではありませんよw まぁマスターしたら簡単に取れるでしょうけどあんまり自慢できるような資格でもない気がしますしね・・・。けど一応とってても損はないかな?

記事とは関係ありませんがkeynote使ってみたいと思う今日この頃・・・・・

時は金なり-Time is money 魔法の10000時間

どんな人でも10000時間かければ天才的な能力を発揮できるというお話です。

どんな分野のことでもそのことに10000時間を使えばどんな人でもその分野で秀でた能力を発揮できるそうです。

天才!  成功する人々の法則 天才! 成功する人々の法則
勝間 和代

講談社
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

詳しくはこの本に書かれているのですが今回は書評ではなくこの10000時間についての軽い考察をしたいと思います。

Continue reading

世襲の国会議員は悪なのか?

最近、国会議員の世襲問題が相次いでとりあげられ、自民、民主ともに世襲候補の制限をするといったことが(民主は選挙地区を変更?)おこなわれるみたいですが果たして、世襲候補は悪いものなのだろうか?

正直言って、私は世襲候補自体は悪いものではないと思う。もし世襲国会議員に問題があるというのなら、問題があるのはその候補を選んだ国民の方だろう。

Continue reading

Home > 社会

twitter
スポンサーリンク
Tag Cloud
Categories
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。