Always Be Myself - 2009年03月12日

Home > 2009年03月12日

2009年03月12日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ニコニコ動画はゲーム動画に関してガイドラインをつくるべきではないだろうか?

さきほど確認したところ先日発売されたバイオハザード5の動画がいくつか削除されていました。これはカプコンの権利を侵害していたからです。同様のことはメタルギアソリッド4の時にも発生していました。

こういったメジャーなタイトルはほとんどが初動型であるため数ヵ月後にアップロードされるぶんにはそれほど売り上げに響くわけではないのでしょうが、こういった発売からそれほど時間がたっていない場合は売り上げに影響してくる可能性があるのですぐにネットにアップロードするような行為は自重すべきだと思います。

バイオ5に関して言えば体験版も配布されているわけですからアップロードするにしても体験版のところまでにすべきです。

まだ現時点では影響は微々たるもの(無視できるほど)でしょうがニコニコ動画は日々拡大しており(ニコニコ運営側もそれを目標としている)多くのユーザーが「新作が発売されてもニコニコで見ればいいや」と思うようになればその影響は無視できなくなってくるかもしれません。

この結果良質なゲームが企業からでなくなって怒るのはユーザーでしょう。また日本の社会にとっても大きな損失です。

ただ発売から数カ月たつと初動型の売り上げは極端に落ちるので実況動画などでユーザーに訴えることができるのはメーカーとっても悪い話ではないでしょう。

こうしたことからニコニコ運営側は「みんながニコニコできる場を目指している」のならばキー局に申し入れしたようにゲーム会社にも同様にメーカーとユーザーがwin-winな関係になれるような提案をすべきではないでしょうか?

例えば、発売後2ヵ月の間は削除対象であるがその後はそうではない。っといった感じです。すべてのゲームが初動型であるわけではないでしょうからすべてのゲームを対象にする必要はないかもしれません。ここらへんは協議して柔軟に対応したらいいと思います。

今やゲーム動画はニコニコにおいて一大コンテンツのはずです。現在でも良識のある方は新しいゲームのアップロードは控えておられますが、そうでない方もいます。一応、不文律として新作のアップは禁止みたいなのはありますが(空気みたいなものとして)、ルールとして存在しているわけではないのです。それゆえにゲームに関しては削除されたりされなかったりと非常に曖昧でグレーな部分が多いです。うp主だって動画つくるのに手間をかけているわけですから消されたらあまり気持ちのいいものではないでしょう。

社会には生活しやすくなるために法律があります。
ならばニコニコの居心地をよりよいものにするには、明文化されたルールが必要なのではないでしょうか?

新たなアイデアを生み出す方法…アイデアのつくり方

アイデアのつくり方 アイデアのつくり方
ジェームス W.ヤング

ティビーエス・ブリタニカ
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

広告業界に勤めていた著者による本であるが、ここに書かれているアイデアの作りかたというのはすべての分野に通じるものです。

広告業界と自然科学といったまったく違った方面での「アイデアつくり方」がこれほどぴったりと一致するとは、私も全く考えてもいなかった。それだけにこの字いつは、この本の中で述べられている「アイデアのつくり方」が、広告業界や自然科学だけでなく、より広い分野で適用可能であることを暗示するものである。 p.67 解説 竹内 均

よってどのような分野の方であろうと無から有を生み出すことが求められ、そこに付加価値がつくような時代生きるすべての人にオススメです。

目次

この考察をはじめたいきさつ
経験による公式
パレートの学説
心を訓練すること
既存の要素を組み合わせること
アイデアは新しい組み合わせである
心の消化過程
つねにそれを考えていること
最後の段階
2、3の追記

このアイデアのつくり方とは
1.データ(資料)集め
2.データの租借
3.データの組み合わせ
4.アイデア発見の瞬間
5.アイデアのチェック
の5段階である。しかしこのようなことを公開しても実際に行動を起こしてなおかつこの過程を実行できる人はとても少ないと筆者は述べています。なので公開しても問題ないのだそうです(笑)

アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせであり、その新しい組み合わせを作り出す才能は事物の関連性を見つけ出す才能により高められるのだそうです。

この原理にも関わらず1の過程を疎かにしている人が非常に多いとのことです。まぁ昔に書かれた本ですから(ネットがなかった)調べるのが非常にめんどくさかったんだなというのは容易に想像できますが。しかし、逆にいえば資料集めの段階が非常に容易になった現代ではアイデアを作り出すことが簡単になったということです。(そでも難しいことには間違いありませんが)

非常に薄く、短い本でありますが(半分くらいは解説)内容は密度が高く有用なものです。解説によってより内容への理解も深まります。古い本でもありますがアイデアの重要性は今も昔もかわらないのです。帯に書かれている通り60分で読めるけれど一生あなたを離さない本であることは間違いないでしょう。

<アイデアをどうやって手に入れるか>とい質問への解答がここにある
―ジェームス・W・ヤング

アイデアのつくり方 アイデアのつくり方
ジェームス W.ヤング

ティビーエス・ブリタニカ
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Home > 2009年03月12日

twitter
スポンサーリンク
Tag Cloud
Categories
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。