Always Be Myself - 2009年03月13日

Home > 2009年03月13日

2009年03月13日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

初音ミクなどの経済活動を批判しても・・・ニーズがあるから供給されるだけだ

さっきamazonのCDランキングを見たが、本当に唖然とした。

を書いた人の続きお詫びしたいへのトラックバック

前半はいろいろな説明なので省略

まず、自分根本的な考え方として、CDは、そこに入っている音のみで評価されて売れるべきものだと思っている。つまり、楽曲、歌唱、演奏などだ。そしてその楽曲を良くしよう、歌唱力を高めようとして毎日頑張っているアーティストは言うまでもなく沢山存在する。

それなのに最近は何か変なブームが多い。羞恥心とか、おしりかじりとか、ポニョとか、そんなのばかりが注目される。まさか音楽性や歌唱力で売れたとは考えられない。正直腹が立っていた。

こんなのまったくもって最近の話ではないだろう。こんなことを言い出したら例えば、アイドルはどうなるんだ?すべてのアイドルの歌唱力を否定するわけではないがどうみても容姿やその他の要素で売り出してる人もいるだろう。単に人間(アイドル)でもやっていたことがキャラクターにも適応されて売れているのではないだろうか?
もちろん前のエントリーで書いた

それにミクのCD化商品を買うとういう行為の裏側には一番盛り上がってるニコニコ動画におけるユーザーが自分達の文化が現実世界(ネットとの対比で)にでてきてうれしいから買うという行為にまで及んでいるのではないだろうか。加えて、好きな製作者への還付という目的もあるだろう。この点を考慮すると感動して購入ってのは案外少ないのかもしれない。(記事

というのがミクのCDが売れている理由としてあると私は思う。

ネットでの評判を見ると、楽曲が良いから買っているという人もいたが、そんなに楽曲が良いなら、良いボーカルを合わせれば、もっと良い音楽に仕上がるはずだ。あの声が音楽性を高めているとは、申し訳ないが俺にはどうしても思えない。

私の勝手な解釈ではあるが、この楽曲がいいというのはアイドルに対しての「あの曲いいよね~」というのと同じではないだろうか?
つまり、好きでもない人間が歌ってたらそれはたちまち「いい曲」ではなくなってしまうのだ。

つまり音楽自体で勝負しようとしているわけではなく、その単なる珍しさやキャラクター性、そして現在のブームの為に初音ミクCDは売れている、俺はそう考えた。上にも書いたが、これは俺の考えでは、CDの売れ方として、言葉は悪いが卑怯である。さらに腹が立っていた。

果たして卑怯なことだろうか?多くのアーティストが様々な形で自らブームをつくるために動いている気がするのは私だけだろうか?
加えて多くの一般人が増田の言う「音楽」を聞き分けそれを楽しむことができるのだろうか?
私はできないと思う。別にこれはよくないことではなくて、仕方のないことである。ある程度まじめに音楽に従事してこなかった人間は聞き分けられないのは仕方のない。だからこそ多くのアーティストは飯を食っていくために様々なことをして注目を集めキャラクターを確立しブームを作り出していると思う。つまりアーティストも音楽だけで勝負してるとは到底言えない。アーティストには音楽という武器があるのは否定しない。

理由の1つ目は、消費者が他のCDを買う金がなくなってしまうこと、また他の音楽への興味を失ってしまうことだ。人が娯楽に使えるお金には限度がある。初音ミクCDを買えば、もしかして初音ミクより好きになるような良いCDが近くにあったかもしれないのに、それには目もくれず帰ってしまうことになる。そして、CDが売れずアーティスト収入にならなければ、音楽を止めるか、少なくとも活動を縮小せざるを得ない。1日中音楽のことを考えるのと、会社から帰宅した後のみでは、どうしたって音楽の質に差が出てしまう。

 

2つ目は、音楽の質だけで勝負しようとしているアーティストモチベーションが下がることだ。つまり、いくら音楽の質を上げても、奇をてらったものばかりが注目されるなら、自分達のしていることが無駄だと思ってしまっても仕方がないだろう。人のモチベーションはそう簡単にはコントロールできるものではない。

普通に考えればミクのCDというか、ブームというのは一過性のものである。(ミクがブームなのか?と問われれば微妙なところではあるが・・・)増田はそんなに気にする必要はないんじゃないだろうか?
それにミクのCDを買うような層は増田のいうアーティストのCDを買う層とはまったく違うだろう。気にしすぎである。羞恥心のCDを買うような層も同様だ。現に羞恥心のブームはもう終わってるのではないだろうか?

俺は質の高い音楽を聴きたい。昔から俺を感動させてくれたのは音楽だし、今後もそういう音楽を聴き続けたいと思っている。片手間で作った音楽ではなく、そのアーティストか24時間音楽のことだけを考え、試行錯誤し、長い時間をかけてやっと作り上げた、己の全存在をかけたような音楽だ。音から受ける心底からの感動は、そのような努力からしか得られない、と俺は考える。

努力は必要条件ではあるが十分条件ではないだろう。

最後に、増田がエントリーで書いたことを願っているのなら元のエントリーは削除せずに残してみてはどうだろうか?多く人にその考え方が伝わるのは悪いことではないだろう。(文体はともかく)

Home > 2009年03月13日

twitter
スポンサーリンク
Tag Cloud
Categories
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。