Always Be Myself - 2009年03月25日

Home > 2009年03月25日

2009年03月25日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ひろゆきはいったい何を考えている・・・-2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?

2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? (扶桑社新書) 2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? (扶桑社新書)
西村 博之

扶桑社
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ひろゆき氏による2ちゃんねるについて語った本のように一見見えますがタイトルの「2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?」については最初の本の数ページで終わっています。けどそれで理由としては十分なことが語られていると思います。

目次

[1.0]:まずは結論
[2.0]:ITのウソ
[3.0]:明るい未来への誤解を解く
[4.0]:対談 佐々木俊尚×ひろゆき
[5.0]:間違いだらけの法律
[6.0]:メディアと2ちゃんねる
[7.0]:対談 小飼弾×ひろゆき

その他の章では目次からもわかるようにだいたいIT関連にまつわるお話です。web2.0,web3.0,ニコニコ動画,youtube、など
2ちゃんねるにまつわる裁判関連のことも本書のなかで語られています。

ひろゆき氏がIT業界とそれをとりまく環境、未来についていったい何を考え、将来どうなるかなどを語っていて非常に楽しめますし、こちらとしましてもいろいろ考えさせられます。これはひろゆき氏が非常に非凡な人だからこそ考えさせられるのです。そこからくる考え方、例えば裁判を無視したりなど、そこらへんの理由も本書では語られています。

最終章の小飼弾氏との対話は金の話や戦争(どうすれば人類を滅亡させることができるか・・・)など非常におかしな?話にまで及んでおり、これらは考える(思考)がことが止まらないということからきてしまうのだと語られています。思考能力が重視される社会においてこの二人のような思考を止めることができず絶えず何を考えている人間が成功していくのだな、と経済的にはすでに上がってしまっているお二人の対談をみて身にしみて思いましました。
この二人の対談は非常に分野が広く、常に考えることのできる人というのは国家や経済から自分の身辺のことまでを幅広く考えているということが垣間見ることができます。

人の考え方はいろりろでありひろゆき氏のような考え方は受け入れられない方もいると思いますが、新たな視点を自分に入れてみると思えばそう悪くない本です。

2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? (扶桑社新書) 2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? (扶桑社新書)
西村 博之

扶桑社
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Home > 2009年03月25日

twitter
スポンサーリンク
Tag Cloud
Categories
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。