Always Be Myself - 2009年04月

Home > 2009年04月

2009年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ニコニコ動画が糞重い方へ

以下のことは自己責任で実行してください。

私はニコニコ動画を見ているときに時々ですが「ムービー内のスクリプトが原因でflash playerの実行速度が~」っていうようなメッセージがでてきていたのですが、ついに耐えられないほどの糞重さになったので原因を調べ、一応なおしました。

この原因というのがadobe flash player 10だったらしくこれをアンインストールしてflash player 9を入れなおしたすっかり元通りになりました。(今のところ)

こちらからアンインストーラをダウンロードして実行してください。

次にこちらからflash player 9をダウンロードしzipを解答して9r124というフォルダを開いてください。

firefoxやoprea、safariを使っている方はflashplayer9r124_win.exeを、IEを使ってる方はflashplayer9r124_winax.exeを実行してもらえれば完了です。

あなたのプレゼンテーションを飛躍させる-マッキンゼー流プレゼンテーションの技術

マッキンゼー流 プレゼンテーションの技術 マッキンゼー流 プレゼンテーションの技術
ジーン・ゼラズニー

東洋経済新報社
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タイトルの通りのプレゼンのハウツー本。基本はビジネスマン向けに書かれていますが、プレゼンを行うことの多い学生をも本書は手助けしてくれます。

目次

第1章

状況を明確にする(なぜ、プレゼンテーションを行なうのか?
説得したい相手は誰か?
持ち時間はどれだけあるのか?
どんな機材、媒体を使うべきか?)
第2章

プレゼンテーションを設計する(メッセージを決定する
ストーリーラインを念入りにつくる ほか)
第3章

プレゼンテーションを実施する(優れたプレゼンテーターは自信、確信、熱意をもっている
リハーサルを行なう―欠点を捜し求める ほか)
まとめ プレゼンテーション・チェックリスト(状況を明確にする
プレゼンテーションを設計する
プレゼンテーションを実施する)
付録 配付資料を効果的に利用する(ミーティングに向けて配付資料を準備する
配付資料を用いて議論をする
実施の技術を活用する)

本書は”聞き手の権利宣言”から始まりいかに自分本位ではなく聴衆の立場にたってプレゼンを行うことが大切かを説き、その方法を解説している。言われてみれば当たり前のことばかりなのですが「言われてみれば・・・」と思いなおすことが多々あることが本書を読んでるうちにあると思います。

私としては3章が非常に参考になりました。自信を持つなどプレゼンを行う時の心の持ち方や緊張しないためのアドバイスなど・・・。どうしてもプレゼンの時には不自然になってしまいがちな私としてはここらへんは参考になりました。一番ためになったのはアイコンタクトを確立させるということですね。プレゼンを行う時に目のやりばがわからなくなったことがある経験をおもちのかたは多いと思いますがここにはそれを防ぐすべが書いてあります。

また「質問されることに慣れる」ってところを多くの人にとって参考になるところだと思います。我々は質問に答えられないことを恐れて、聴衆から投げかけられた質問に対して防衛手段をとってしまいがちですが絶対にやってはならない禁則事項が列挙されています。 加えて上手な答え方質問の対処法も列挙されています。この質問を受けた時に最も大切なことは聴衆は敵ではないとしっかり認識することにあります。プレゼンを行う目的を考えればそんなことは自明であります。まぁ中には悪質な質問をしてくる人もいるでしょうが・・・そんな時の対処法も書かれております。

まだプレゼンの経験が少ない方もまだ変な自己流の癖がついてしまう前にプレゼン関係の本(本書でなくれも)を読み流れや方法を把握しておくことをオススメいたします。

すでに癖がついてしまってる方も本書を読めば大幅に改善されることだろうと思います。

本書を手にとり優れたプレゼンターへの一歩を踏み出してみませんか?


マッキンゼー流 プレゼンテーションの技術マッキンゼー流 プレゼンテーションの技術
ジーン・ゼラズニー

東洋経済新報社
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

大学が始まるとやはり忙しいなぁ

いろいろごたごたしてブログの更新がなかなかうまくいかないheartsです。
お仕事がいそがしいであろう人が毎日ブログを更新しているのを見ていると尊敬していまいますね。書評を行うことが多いので本を読む時間すらなかなかとれずブログも更新できないという悪循環に陥ってしまっていますorz
できれば2日に1回は更新したいんだけどなぁ・・・。先週は3冊ほど読んだので今週はその書評を載せていきたいと思います。

大学新入生(1回生)が読むべき本-アカデミック・スキルズ

アカデミック・スキルズ―大学生のための知的技法入門 アカデミック・スキルズ―大学生のための知的技法入門
佐藤 望

慶應義塾大学出版会
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

大学におけるノートの取り方からプレゼンテーションの仕方までを解説した本

目次

はじめに
第1章 アカデミック・スキルズとは
1.アカデミック・スキルズとは
2.「知」とは、「教養」とは
3.「知」と「教養」を伸ばす
4.問いを立てる――研究の出発点
5.研究テーマの三箇条
6.出発にあたって知っておくべき大切なことがら
第2章 講義を聴いてノートを取る
1.何のためにノートを取るか
2.ノートを取ることは「人間観察」でもある
3.ノート・テイキングのテクニック
4.良い聴き手となるために
第3章 図書館とデータベースの使い方
1.情報に対するアカデミックな態度
2.文書情報の種類、特徴、利用法
3.資料検索の方法――データベース活用法
4.文献一覧をつくる
5.その他の情報収集――フィールド・ワーク
第4章 本を読む――クリティカル・リーディングの手法
1.本を読み始めるにあたって
2.批判的・論理的思考
3.クリティカル・リーディング(批判的読解)とその練習
第5章 情報整理
1.情報カード、研究ノートについて
2.情報カードのつくり方の一例
3.読書カードのつくり方
4.事項カードと発想ノートを使いこなす
5.レポート、プレゼンテーション作成準備の最終段階:アウトラインをつくる
6.KJ法について
第6章 研究成果のアウトプット
1.再び問いの発見について
2.明晰かつ論理的であること――論理を曇らせる禁じ手について
3.プレゼンテーション(口頭発表)のやり方
4.文章(レポート、レビュー、論文など)をまとめる
5.デジタル情報技術とアカデミック・スキルズについて
附録 書式の手引き(初級編

大学においてやれるべき基本的なことが書かれており新入生だけでなく上の学年の人でも十分に役に立つ内容となっております。
以下はじめにより

大学の勉強で最も大切なことは、高校までのようにひたすら暗記して試験で答えるということではない。むしろ、自ら問題を見つけ、それを整理して、自分なりに考えて答えを導きだす能力を大学では身につけなければならない。

この本はこの自ら問題を見つけ答えを導き出すというも社会にでてから最も必要になるであろう能力を成長させるための足掛かりになってくれます。
もう大学もはじまっておりノートのとりかたの戸惑っているだろう方や、おそらくこれから出るであろうレポートの課題に対処しやすくしたいと願ってる方は本書を手にとってみてはいかがでしょうか?

目次をみていただければわかると思いますがこれらの解説されているスキルは何も大学生の間だけ役にたつとったものではなくすべて社会でも必要とされているものです。

入学から卒業まであなたの大学生活をサポートしてくれる本はこれを除けばそう簡単にはあるものではないです。

 

アカデミック・スキルズ―大学生のための知的技法入門 アカデミック・スキルズ―大学生のための知的技法入門
佐藤 望

慶應義塾大学出版会
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

俺も高校生のころは男性向けファッション雑誌を読んでたなぁ

加速する休刊ラッシュ 男性向けファッション誌は絶滅寸前の珍獣?

を読んでふとタイトルのようなことを思い出した。(筆者のあげてる雑誌などとは年代層が違うが)

まぁ中学生のころからファッション雑誌を読んでいたわけですが、とりわけ男性向けのやつってのは女性向けとは違いトレンドがそう激しく変化しないんですよね。でわざわざあ毎年おなじことやってるような雑誌を買う必要、見る必要すらなくなったっていうわけです。普通にローテーションまわしてるっていうかそんな特集ばかりだと思うようになってからは立ち読みすらしなくなりました。

上記の理由もあるとは思いますが、恐らく一番の理由は成長するにつれて自己が確立されてきたっていうのだと思います。それでわざわざ雑誌にたよる必要がなくなったっていうのが大きいですね。

女性はいつまでもやれトレンドだ話題だといろいろ大変だよなぁって思います。

Home > 2009年04月

twitter
スポンサーリンク
Tag Cloud
Categories
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。