Always Be Myself - 2009年04月

Home > 2009年04月

2009年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

英会話を行うために-日常英会話5000

日常英会話5000 日常英会話5000
岩村 圭南

ジャパンタイムズ
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

先日ご紹介したなるほどフレーズ100(参照)に続きまたまた英会話の本の紹介。
なるほどフレーズ100だけでもそれなりに会話はできるようになるとは思いますが、スムーズなやりとりというのを想定して場合にはやはり物足りないと思います。
この本はこんだけ表現覚えれば完璧だろってぐらい内容詰まってますw

目次

場面編 Situations CHAPTER 1
日常生活 Everyday Life
場面編 Situations CHAPTER 2
仕事・学習 Work and Study
場面編 Situations CHAPTER 3
出来事 Events
場面編 Situations CHAPTER 4
余暇 Leisure
場面編 Situations CHAPTER 5
地域社会 Local Community
機能編 Functions CHAPTER 1
会話を促す Encouraging Conversation
機能編 Functions CHAPTER 2
感情を表す Expressing Emotions
機能編 Functions CHAPTER 3
気持ちを表す Expressing Sentiments, Introducing, Inviting,Welcoming and Promising
機能編 Functions CHAPTER 4
物や人を描写する Describing Things and People
機能編 Functions CHAPTER 5
話し合う Conversing
機能編 Functions CHAPTER 6
意見を述べる Expressing Opinions
機能編 Functions CHAPTER 7
問いかける Requesting Information
機能編 Functions CHAPTER 8
提案する Suggesting
機能編 Functions CHAPTER 9
頼む Asking Favors
機能編 Functions CHAPTER 10
知らせる Notifying
機能編 Functions CHAPTER 11
注意・命令する Warming and Ordering
さくいん Index

オススメしたいのがこの機能編というところで私たちが日本語でおこなっているようなやりとりに必須の表現がたくさん書かれており特に役に立ちます。私と同程度の英語の実力で(TOEICでBクラス)会話をまともにできないって方には特にオススメです。もちろんそれ以上の方でも大丈夫だと思います。それ以下の方の場合は店頭で確認するなどして大丈夫であると思えれば使ってみてください。

個人的な英語に関する考え方ですが、読解もリスニングもままならんうちからいきなり会話のための練習を行うというのはどう考えても効率の面からいってよくはないと思うからです。これは初心者なのに英会話学校に通っている人達にも言えることなのですが学校側から見ればいいカモなのではないでしょうか?
ある程度会話ができるレベルの方が通って量をこなすことに英会話学校の意味はあると思うのですが・・・・・

私もまったく会話ができないというわけではないのですが、はっきりいってかなりぎこちないです。けどなるほどフレーズとこの本のおかげで少しづつではありますが毎週の授業でためしているうちに改善してきているように思われます。

なるほどフレーズ100は、例えば未来のことを質問するときはWill ~というのは使わずAre you going to~などを使うといった使い分け(Willだと依頼になってしまうから)を学ぶのに対してこちらの日常英会話5000は単純に表現集です。

しかし筆者は冒頭で以下のように説明しています。

ここで一言お断りをしておきたい。「日常英会話5000」は辞書的に使用することを目的に作られたのではない。豊富な英語データに触れ、英語のセンスを磨き、英語表現能力をアップさせるためのワークブックとして活用していただきたい。

目まいがしそうな量ですが、これをこなさなければ英語をまともにしゃべれるようにはなれないということでしょうか・・・・・・・

 

日常英会話5000 日常英会話5000
岩村 圭南

ジャパンタイムズ
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

情報の海で溺れて溺死してしまう前に-仮説思考

仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法 仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法
内田 和成

東洋経済新報社
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

情報の海で溺れろと言ったあとにはとりあえず溺死してしまわないような方法をっと思いご紹介。

序章 仮説思考とは何か
第1章 まず、仮説ありき
第2章 仮説を使う
第3章 仮説を立てる
第4章 仮説を検証する
第5章 仮説思考力を高める
終章 本書のまとめ

まぁ時間がある時には情報の海に溺れていても息はつづくわけですが、時間がなくなると息も続かなくなってしますよね。そこで重要になってくるのがこの仮説思考。いつだってどんな時にだってたっぷり時間があるって人は例え学生でも相当少ないでしょう。この仮説思考というのはいうなれば情報の海に溺れて溺死しないようにするための思考法とでもいべきものです。時間があるときに溺れるのはかまいませんが、期限が決まっていることがらに関して情報収集を行う時に情報の海に溺れてそのまま溺死していしまうということはよくあることだと思います。つまり情報コレクターになってしまうような状態です。例えば、通常は情報を集めて咀嚼することにより自分なりの結果レポートなどにしてまとめることが目的でしょう。本書はコレクターになってしまうことを防ぐ思考法を解説した本です。かたっぱしから情報を集めてコレクターになってしまいがちな人にはオススメな本だと思います。そのようなやり方では無駄に時間がかかってしまい効率が非常にわるいからです。

本書はビジネスマン向けに書かれた本ではありますがこの仮説思考じたいはあらゆる分野で使うことのできるものです。

例えば本書のP.32では天才棋士の羽生善治さんの思考法について書かれていますが彼の発言を引用しつつそれが仮説思考であることを示しています。P.43では免疫学で有名な先生が昔の恩師から「実験する前に論文を書け」と言われたことを出しながら、ここにも仮説思考が用いられていることが示されています。このようなやり方をするのは仮説思考により結果を見ないですべてを実験で検証しようとすると莫大な時間がかかってしまうからということが書かれています。私は仕事をしたことはありませんが、結構身近な例を出されることによりとてつもなく仮説思考の重要性を感じることができました。

上記のようなことを出しながら筆者は次のようなことを述べています。

私はこの話を知ったとき、仮説思考は分野を超えて活用することができるのだと実感した。

期限がある課題を行う時は情報はがあればあればいいってものではありません。不確実性も同時に増してしまうからです。

みなさんも仮説思考を身につけ効率よく情報を利用してみませんか?

仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法 仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法
内田 和成

東洋経済新報社
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

学生のうちに情報の海に溺れることで素晴らしいアイデアのための下地をつくれるか?

大学生は今のうちに情報の海に溺れてみればいいんじゃない?

へのトラックバック

情報への溺れ方は上記の引用元を見てもらうとして・・・。

とにかく同じだけ時間かけて情報集めて楽しむならより質のいい情報とか信頼性の高い情報とか集めて、それに付随するいろんな視点を勉強した方が将来のためかと思うわけですよ。

ここらへんは私も同意ですね。別にこういったことだけに暇を使うべきだとは言い切りませんが・・・。何事も程度が大事であり、こんなことばかりしているようではタダのネクラですw

で、私は別の観点からこの情報の海に溺れてみようってことを推奨してみたいと思います。タイトルにもあるようにアイデアという観点からです。

アイデアというのは多くの人にとっては無からいきなり生み出されるものではなく、現在あるものを組み合わせることにより新しいものを生み出していると言ったほうが正確です。(参照

そこで私は情報の海に溺れることにより、より多くのことを知っておくことは重要だと思います。ここで大切なのは別に完全に暗記しておく必要はないということです。アイデアを出そうと考えた時にこれとこれを組み合わせて・・・っという風な「気づき」があればいいのです。この「気づき」を生み出すにはいかにして自分に「呼び水」となる質問を自分自身に行えるかかとなることもポイントでしょう。この質問が他人から行われてもいいと思います(ディスカッションなどで)。この時になってはじめて詳細なことを調べるために検索をかけたりすればすぐに概要などが思い出すことができるでしょう。もちろん情報というのはネット上にだけあるものではなく、書籍、友人などからも得られるものです。

もうひとつ大切なこととしてあまり一つの分野の情報に溺れすぎるというのはアイデアを生み出すことにおいてはよくはないだろうということです。全く違う分野の知識の分野の知識を組み合わせることにより新たな優れたアイデアが生まれることが多いからです。しかし、自分一人だとどうしても分野が偏ってしまうことが多いと思います。私はどうしてもそうなってしまうことが多いです。こういったことを補うにはやはり自分とは違う考えを持った人達と積極的にコミュニケーションをとっていき情報を蓄えるという方法が最も優れているでしょう。このいったコミュニケーションの中でそれが「呼び水」となり新たなアイデアが生み出されるきっかけになるかもしれません。

様々な価値を求められる現代においてこういった今までにないアイデアを生み出すということが求められており学生の間に情報の海に溺れてみて幅広い分野における知識を身につけることは(アカデミックなことだけでなく)社会に出る前にやっておけば将来ものすごく役に立つということがあるかもしれません。っと思いつつ明日も私は海に溺れてみますw

SMAP・草なぎ剛逮捕に対してヒステリックになるファン-有名人と裁判員制度

草なぎ剛逮捕のことはあちらこちらで言われているので今日はそのことはおいといておきます。

今回はこのヒステリックになっている女性ファンについて。記事が出ているので引用しておきますと・・・

なぜ家宅捜索するの!?ファンから抗議殺到

「草なぎクン、なぜ逮捕したの?」警察に女性ファンの抗議殺到

とまぁこんなことでヒステリックに警察に電話して業務の妨害をする輩がいるわけです。

今回、抗議してる人たちは捕まった人のファンだからしているのであり(つまりそれが犯罪とかどうとか関係なく)、例えば私が全裸でいて逮捕されてもそんな電話は一切鳴らないでしょう。

何が言いたいのかというと、彼女たちは犯した内容ではなく人物によって判断を行っているのです。加えてテレビに出ているコメンテーターのような人達までもが擁護するような発言をしだす始末。
例えば…

「草なぎ剛、逮捕しなくても」と鳥越 「未明の公園、『公然』なのか?」

ここで思ったことなのですが、例えば今回の事件が別の事件、いいかえると裁判員制度が適用されるような事件であった場合はどうなってしまうのかっということです。一段階抽象度を上げてみると、人気のある有名人が逮捕された場合(重罪で)に裁判員制度において的確に判断を下せるのかどうかということです。
上にもあるようにこのようなことだけでもヒステリックになってくるファンがでてくる始末であり、メディアまでもが一部で擁護するような発言をしてまっている状況です。

さすがに裁判員制度が適用されるような事件においては擁護するような発言は出てこないでしょうが、メディアまでもがこのような状態だと一般人と同様な判決が下されるかどうかは疑問が残ります。

裁判員制度はほんとにやってしまって大丈夫だろうか?

まぁそんな事件が起こる確率はものすごく低いものですから考えすぎっちゃ考えすぎなんですが・・・

ある程度英語は読めるし聞けるが・・・って方へ

ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100―誰もここまで教えてくれなかった使える裏技 ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100―誰もここまで教えてくれなかった使える裏技
スティーブ ソレイシィ

アルク
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

英語はぎこちなくではありますが少しはしゃべれるって方は多いんじゃないかと思うのですが、もう「少しスムーズにやりとりできたらなぁ」って思いませんか? 本書はそんな気持ちをすべてではありませんが,1/5程度は改善してくれるものであると思います。なにげないやり取りに用いる言葉というのを載せてあります。

はじめにより

日本人は英語になると器用貧乏だということだ。不思議なことにネイティブよりいろいろな英語の知識(発音記号、発音アクセントの位置、過去分詞などの動詞変化の名前、catch a coldのようなイディオムなど)を知っているが、ベーシックな会話能力がない

もちろん載っていることは中学レベルの内容だとは思いますがこれらのやり取りすらができないというのが多くの日本人の特徴だと思います。学生の方ならば授業でのコミュニケーションを行うことができるでしょうから、そういった場でこういう基本的なやり取りとしての英語を試すことができるというのは大きなメリットだと思います。いまのうちに英会話能力の基礎部分を運用できるようにしてしまいましょう。

はじめのほうにも書きましたがこれらの表現ができるようになったからといって滑らかに会話を行うというのいはまだまだほど遠いでしょう。しかし本書に乗ってる基礎からとり組むという姿勢はなんら間違ったものではないと思います。

私は英語の授業でのやり取りが多少改善されたように思います。言葉に詰まったときや相槌、提案、会話を促す、っといった場面での表現が増えたおかげです。こういった初心者同士での会話で自分の表現や言葉に自信が持てるようになると先生(ネイティブ)との会話も以前よりスムーズになったような気がしてます。(ほんとに気がしてるだけかもしれませんがw)

会話能力を身につけたいけどイマイチ何から始めたらいいかわからないという方は本書を足掛かりにしてみてはどうでしょう?

Good luck.(運にはあまり関係ないそうですby本書)

ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100―誰もここまで教えてくれなかった使える裏技 ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100―誰もここまで教えてくれなかった使える裏技
スティーブ ソレイシィ

アルク
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Home > 2009年04月

twitter
スポンサーリンク
Tag Cloud
Categories
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。