Always Be Myself - 2009年04月23日

Home > 2009年04月23日

2009年04月23日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ある程度英語は読めるし聞けるが・・・って方へ

ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100―誰もここまで教えてくれなかった使える裏技 ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100―誰もここまで教えてくれなかった使える裏技
スティーブ ソレイシィ

アルク
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

英語はぎこちなくではありますが少しはしゃべれるって方は多いんじゃないかと思うのですが、もう「少しスムーズにやりとりできたらなぁ」って思いませんか? 本書はそんな気持ちをすべてではありませんが,1/5程度は改善してくれるものであると思います。なにげないやり取りに用いる言葉というのを載せてあります。

はじめにより

日本人は英語になると器用貧乏だということだ。不思議なことにネイティブよりいろいろな英語の知識(発音記号、発音アクセントの位置、過去分詞などの動詞変化の名前、catch a coldのようなイディオムなど)を知っているが、ベーシックな会話能力がない

もちろん載っていることは中学レベルの内容だとは思いますがこれらのやり取りすらができないというのが多くの日本人の特徴だと思います。学生の方ならば授業でのコミュニケーションを行うことができるでしょうから、そういった場でこういう基本的なやり取りとしての英語を試すことができるというのは大きなメリットだと思います。いまのうちに英会話能力の基礎部分を運用できるようにしてしまいましょう。

はじめのほうにも書きましたがこれらの表現ができるようになったからといって滑らかに会話を行うというのいはまだまだほど遠いでしょう。しかし本書に乗ってる基礎からとり組むという姿勢はなんら間違ったものではないと思います。

私は英語の授業でのやり取りが多少改善されたように思います。言葉に詰まったときや相槌、提案、会話を促す、っといった場面での表現が増えたおかげです。こういった初心者同士での会話で自分の表現や言葉に自信が持てるようになると先生(ネイティブ)との会話も以前よりスムーズになったような気がしてます。(ほんとに気がしてるだけかもしれませんがw)

会話能力を身につけたいけどイマイチ何から始めたらいいかわからないという方は本書を足掛かりにしてみてはどうでしょう?

Good luck.(運にはあまり関係ないそうですby本書)

ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100―誰もここまで教えてくれなかった使える裏技 ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100―誰もここまで教えてくれなかった使える裏技
スティーブ ソレイシィ

アルク
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Home > 2009年04月23日

twitter
スポンサーリンク
Tag Cloud
Categories
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。