Always Be Myself - 2010年01月

Home > 2010年01月

2010年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Google Nexus Twoの噂・・・

本日、日本ではドコモからXperia(SO-01B)が発表となりましたが(リンク)海の向こう側ではNexus Twoの噂が出回っているようです。

Nexusといえば今月の上旬にGoogleからNexus Oneが発表されたばかりですが、この噂とはいったいどういったものでしょうか?

Motorola Shadow aka Google Nexus Two on the way?

こちらの記事によると”噂”を信じるならMotorolaが次のGoogleのハードウェアのパートナーとなりShadow(Nexus Two?)とよばれるハードのテストを韓国で行っているようです。

If rumours are to be believed, Motorola is set to become Google's new hardware partner and a smartphone codenamed Shadow (some call it Phantom or Mirage), which is currently being tested in South Korea, will be launched as the next Google phone (Nexus Two?).

まぁすでにGoogleは物理キーボードがついた法人向けの機種を出すことを発表してるわけだし特に驚くことでもないかな・・・・

Now we all know that Google already said that it wants to launch an enterprise version in its portfolio of smartphones in the near future, which will include a physical Qwerty keyboard. Hence, it won't be surprising if the new Google phone sports the same form factor as the already popular Droid (aka Milestone), which reportedly has sold over 1 million units till date and has come to be loved by business class users for its full slide-out Qwerty keyboard.

8Mpixelカメラと1080Pのビデオ撮影、4.3インチの854×480pixel WVGAのタッチパネル、HDMIポートが搭載されるみたいです。

OSとプロセッサーは何が載るのかわかんないけど、まぁAndroid2.0とSnapdragonかな。

It's not clear yet what OS or processor will the new Google phone boast of, but we're pretty sure it will be nothing less than Android 2.0 (if not 2.1) and Qualcomm's Snapdragon processor.

この新機種は今年の後半に出るかもしれない・・・

It's also believed that the new Google phone will be launched sometime later this year.

次期iphoneの噂も出回ってますし、ガジェット好きとってはお財布に優しくない展開ですね・・・。まぁNexus Oneを触ってすらない状況でNexus Twoの話してもどうしようもないですけどw しかしこんな機能満載して電池もつのかな・・・・ エネループ常備しろってことなんですかね・・・

まぁなんにしろ楽しみではありますね。

何かに打ち込んでる人は魅力的だ・・・

男だろうが女だろうが何かに一生懸命打ち込んでる人ってのは魅力的に見えますよね。その方が話を聞いていて面白いし、相手を尊敬したりすり機会にもなったりします。ここでいう何かというのはそれが勉強だろうが、仕事であろうが、趣味であろうがなんでも構いません。このようなことを先月大学の学術団体が主催する行事に参加して思いました。

例をだしてみますと、その方はアニメや漫画の描写(そのシーンが何を表しているのか、ストーリーの中でどういった意味合いを持つのか)などを学術的に真剣に考察しており(メディア系の学科の人たちがやっているようなこと)、その論文も見せていただいたのですが、とてもおもしろかったです。それに興味があるとかじゃなくて(多少興味は持ち合わせていますが)、そういったものに対して意味を見出し、様々な角度から考察しているということがとても惹かれました。そこから普段はどういった活動をしているのか、チーム内での価値観のぶつかりあいなど。その問題と解決の仕方を聞いたりするのはとても参考になります。

どのよなことにも共通することであるとは思いますがその打ち込んでいるものを改善していく過程のプロセスを聞いたりしていると真剣に打ち込んでるんだなぁと思い、思わず見惚れてしまいます。

ただ自分も何か「真剣に打ち込んでいるもの」がないとこちらからは何も提供できないのですが・・・

 

 

 

というチラ裏でした。

Home > 2010年01月

twitter
スポンサーリンク
Tag Cloud
Categories
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。