Always Be Myself - 2010年05月

Home > 2010年05月

2010年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

知らないと損する量質転化の法則活用法 

「量質転化の法則」という言葉をご存知でしょうか?
これはある一定量の行為を積み重ねることで、その行為自体に質的な変化を起こる現象を指しています。
すなわち、たくさんの量をこなせばこなすほど、その行為に質的な変化が訪れ、外に表れる成果がまったく違った次元のものになるということです。
この「量質転化の法則」は弁証法の3つある基本法則のうちのひとつです。

弁証法についてwikipediaより
弁証法(べんしょうほう、ギリシア語διαλεκτική、英語dialectic)とは、哲学の用語で、現代において普通にいわれるときには、ほとんどがヘーゲルやマルクスの弁証法を意味し、世界や事物の変化や発展の過程を本質的に理解するための方法、法則とされる(ヘーゲルなどにおいては、弁証法は現実の内容そのものの発展のありかたである)。しかし、この言葉を使う哲学者によって、その内容は多岐にわたっており、弁証法=ヘーゲル・マルクスとして全てを理解しようとするのは誤りである。


「弁証法とはどういう科学か」の著者である三浦さんが定義するところによると「量的な変化が質的な変化をもたらし、また質的な変化が量的な変化をもたらすというのが『量質転化』の法則です」ということみたいです。(弁証法はどういう科学か (講談社現代新書 (159))
p.212)

この「量質転化の法則」というのは、元々は物理学で「相転移」と呼ばれる現象のことを指しており、量的な変化が大きくなると質そのものが変化することを指しています。例えば、温度が上がれば上がるほど、水は質的に氷→水→水蒸気というように変化するような現象のことです。これは自然法則ですので私達の日常にもそのままあてはめることができます。

以下のような話をきいたことがあります。
ある陶芸の素人さんが二人いたとします。
一人の方は良い作品をつくるためにひたすら作品を作り続け多くの失敗作も作りました。
もう一方の人は「どうすれば良い作品が作れるだろうか?」と考え続け、実際に作品をつくるということは中々ありませんでした。

結果は「ひたすら作品を作り続けた素人」の人のほうが早い段階で優れた作品をつくれるようになり師匠の元から巣立っていったようです。

ここから得られる教訓は失敗を繰り返すことにより、そこから多くのものを学び取り、改善を繰り返すことによって最終的には質的な変化が訪れたということであると思います。
最初から考え続けた人は、質を追い求めて「頭でっかち」になってしまい、改善を行う機会が得られるタイミングが遅れてしまったのでしょう。実際に物事を進めてみると最初に想定していなかった問題、困難がが発生するというのはよくあることです。そうした機会を失うことは非常に大きな損失となるでしょう。

もちろんバカのひとつ覚えみたいに、何も考えずに練習だけ繰り返すということでは質的な変化は訪れないでしょう。
しかし、考えているだけではダメだということです。 最初からうまくいくわけはないのですから、実際に行動を起こし、失敗を繰り返すことによって質的な成果の訪れを獲得することができるのだと思います。

多くのひとはこの質的な変化が訪れつまで量をこなすことはできず、また量をこなした人達でも質的な変化が訪れた時点で量をこなすことをやめてしまっていることが多いみたいです。そして、この質的な変化が訪れたあとでも量をこなし続けてる人が「天才」と呼ばれているようですね。

ちなみに、天才と呼ばれる人達は10000時間の努力を行っているということが天才! 成功する人々の法則に書かれています。

この10000時間については次にでも書きたいと思います。


弁証法はどういう科学か (講談社現代新書 (159))
弁証法はどういう科学か (講談社現代新書 (159))
おすすめ平均
stars“道具視される弁証法”の最高の教科書
stars何十年経っても三浦語は新しい
starsものの見方・考え方
starsハーバード・ビジネス・レビューでも取り上げられた、弁証法
stars弁証法的世界観の最良の入門書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



天才! 成功する人々の法則
天才!  成功する人々の法則勝間 和代

おすすめ平均
starsお得な本です。
starsこの本の要点。
stars「アウトライアー(原題)」に関する本
stars天才になれるハウツー本ではない。
stars常識を覆す衝撃的な一冊

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

自分を加速的に成長させるための7つのルール

自分を絶えず成長させていくために私ができるだけ心がけているルール。正直全部きちんと守りきれてないけど改めてここで宣言しておく。他にもっといいルール等があれば教えてください。

・真似る
最初からオリジナルティをだそうなんてことは考えないほうがいい。何か思いついたとしてもたいていは過去の偉人が考えたけれど実践しなかったことであることが多いです。そのようなところに労力を割くよりかは専門家の真似などをしてそこから自分だけのものに改造していったほうがはやいです。

・継続
継続は力なり。例えば暗記物などの場合はこれの効果が如実に表れる。繰返しをすることによって脳に刷り込まれていくため、やってるうちに自分のものとなる

・目標
目標がなけば何のためにやっていることなのかわからないし、途中で途方にくれることになる。そして何やってんだろ?っと疑問を持ってしまい過去の自分を嘆くこととなる。目標を決めればつらいと思うこともなくなる。なぜならそれはただの過程にすぎないから。

・失敗を恐れない
気づいたことを試してみて失敗すれば改善すればいいだけのことである。そしてまた試す。世の中に失敗しない人間なんていない。失敗しない人間がいるとすればそれは挑戦をしていないだけである。

・忙しいと言い訳しない
やろうと思えば時間なんていくらでもつくれる。自分の限界を自分で決めるようなことをしてはいけない。

・睡眠時間は削らない
これはやってしまうと死ねる。みんながみんなナポレオンなわけではない。

・実行する前に仮説
仮説が正しいかどうかの検証を行なう。無数の選択肢からあたりをつけるという作業は今の世の中ならしなければ時間がいくらあっても足りない。



これらのルールはどのようなことを行う場合にでもあてはめて活用して行くことのできるルールであると思うのでよければ参考にしてみてください。

Nexus Twoの新情報

Newus Twoと噂されているMotrola ShadowのWi-Fiの認証を通過(IEEE 802.11n)しましたが、今回は新画像の流出があったようです。HDMI端子,microUSB,8megapixel cameraを搭載しており、4.3inchのディスプレイ搭載みたいです。QWERTY keyboardも搭載しているみたいですね。3.5mm audio jackも搭載してるようです。

OSはAndroid2.2と噂されるFroyoが搭載のようですね。6月には新型iPhoneであるiPhone HDの発表が控えてますし、Froyo自体は今月のGoogle I/Oで発表予定。

Nexus Twoを新型iPhoneにぶつけてくるかも・・・?

nexus two
 

画像はこのサイトより

SHADOW, NEXUS 2 OR DROID 2 LIVE PICTURES?


Froyoの改良ポイントはタッチパネルの誤動作修正、Flash10.1の正式サポート、FMラジオ開放などとなっているようです。UIの操作性ではまだまだiPhoneに及ばないと言われるAndroidですがこのアップデートでどれほど操作性をあげてくるのか楽しみなところです。

以下はWi-Fiが認証された証

Motorola Shadow Wi-FI認証通過(PDFファイル)

いま大人気の食べれるラー油って奴を清水寺へ行く道で買った

食べれるラー油って奴を以前から食べてみたかったんですが、まったくもって売ってないんですよね・・・。私がスーパーに行く時間にはもう売り切れ状態。なぜこんなことに・・・・。っとなかば当分食べるのは諦めていたんですが、なんと、昨日清水寺に行ったときに途中のおみやげ屋で食べれるラー油が売っていました!!!

P1030062.jpg

同名商品の一味唐辛子を原料としています。一味唐辛子も売っていました。
P1030063.jpg

 

見つけた瞬間に試食して、これはうまい!と思いましたね。人気なのもうなずける。画像を見てもらえればわかるかと思いますがこの商品の名は「舞妓はんひぃひぃ」。なんかイヤラシイ いかにも辛そうな名の商品です。ラー油ですから辛いのは当然ですけどね。ほどよい辛さで本当にご飯とあうかんじです。

これのせいで今日は昼も夜も、卵かけごはんにこのラー油ぶちこんで食べちゃいました^^; そのくらい本当においしいです。卵かけごはんに入れて食うのがいまのところかなりおいしいですね。手軽ですし。

食べれるラー油がなかなか手に入らない人は清水寺に向かう途中の土産物屋に行ってみましょう!きっとみつかるはず。

Home > 2010年05月

twitter
スポンサーリンク
Tag Cloud
Categories
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。