Always Be Myself - GDにおける解答への5ステップ

Home > スポンサー広告 > GDにおける解答への5ステップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://alwaysbemyself.blog114.fc2.com/tb.php/133-46b0d06d
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Always Be Myself

Home > スポンサー広告 > GDにおける解答への5ステップ

Home > セミナー・講演など > GDにおける解答への5ステップ

GDにおける解答への5ステップ

1.前提確認
2.アプローチ設定
3.モデル化
4.計算実行
5.現実性の検証


昨日の記事ともかぶるけど、GDで意識すべき3点

1.議論の活性化
→質問や傾聴の姿勢、活発な議論を行う

2.論理の積み上げ
→「構造化」、「見える化」によって議論の補助を行う

3.チームの結束
→互いの価値観を認め、尊重し、協力する関係を築くための雰囲気作りを行う


GDでよくとりあげられる課題として「フェルミ型」と「課題解決型」がある

・フェルミ型ついて
フェルミ型では例えば、売上=単価×客数 というように分解を行ない、さらに 客数=営業時間×回転率×稼働率ともれなくダブリなく分解を行ない、実際の売上を推定したりするような課題のことである。

売上を伸ばせといった課題の時も分解を行ない、どの要素を改善できるのかといったことを考えたりもする。

・課題解決型について
「10年以内に日本のグロールリーダーを2倍にせよ」といったような課題を提示され、その解決策を提示する方のGD

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://alwaysbemyself.blog114.fc2.com/tb.php/133-46b0d06d
Listed below are links to weblogs that reference
GDにおける解答への5ステップ from Always Be Myself

Home > セミナー・講演など > GDにおける解答への5ステップ

twitter
スポンサーリンク
Tag Cloud
Categories
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。