Always Be Myself - すでに就職氷河期どころか就職永久凍土的な感じじゃね?

Home > スポンサー広告 > すでに就職氷河期どころか就職永久凍土的な感じじゃね?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

2012-11-05 (月) 09:03

このコメントは管理者の承認待ちです

2012-12-01 (土) 09:19

このコメントは管理者の承認待ちです

2013-01-22 (火) 04:30

このコメントは管理者の承認待ちです

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://alwaysbemyself.blog114.fc2.com/tb.php/137-bb047f8d
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Always Be Myself

Home > スポンサー広告 > すでに就職氷河期どころか就職永久凍土的な感じじゃね?

Home > 雑記 > すでに就職氷河期どころか就職永久凍土的な感じじゃね?

すでに就職氷河期どころか就職永久凍土的な感じじゃね?

世間では新卒が就職できなくて、「就職氷河期だ!」って話であふれてたりしますが、これからはもう氷河期がずっと続くよねってお話です。
もうそろそろ現実を見て「氷河期」って言葉を使うのをやめたほうがよいのではないかと思う。
だいたい氷河期って言葉自体に「一時的」なニュアンスが含まれてるしね。

それではなぜ「就職氷河期」が永久に続くのか?ってことに関して見ていきたいと思う。
理由は3つある。

1.日本がもうこれ以上成長しない
2.日本の大企業はもう日本人を採用する必要性がない
3.企業に新卒を教育する体力が残っていない

1.日本がもうこれ以上成長しない

これはもうどうみても明らか。
人口は減っていくし。
どんなにポジティブにみても0%成長の時代ってのがやってくる。すなわちこれからはマイナス成長が当然として見ていかなければならない。

日本が成長しない=日本の企業が成長しないってことにもつながるから企業は人を雇わない=新卒就職率がよくなるわけがない。

これからの時代の新卒における就職率は、日本の成長に比例して悪くなる一方でしかない。すなわち"常に今がベスト"と言わなきゃいけなくなるだろう。就職浪人などしても余計に結果が悪くなるだけということである。

初任給が上がりまくってた時代とはもう状況が全く違う。
現にここ10年くらいは大卒初任給というはほとんど変わっていないはずである。
これは成長していないことを意味する。

2.日本の大企業はもう日本人を採用する必要性がない

ここ最近、ニュースでpanasonicが全世界で採用基準を統一したりとまぁ日本人を雇うつもりがないよね。
これはグローバルな企業としては当然なことで、別にpanasonicは日本人のためだけに存在してるわけではないしね。
だいたい市場の大きさとしては日本なんてすでに大きくないし、これからも大きくなっていく見込みというものがない。企業からしてみれば一番大きな市場(アメリカ、EU、中国・・・)にフォーカスするのは当然のことであってそこで日本人を雇わなければならない必然性はなくなる。
まぁ昔は「Japan as No.1」とかって言われてたりしたから日本人雇い続けてもよかったのかもしれないけど既にそんな時代ではない。

それに簡単な仕事ならばわざわざ給料の高い日本人雇わなくてもいい。もっと安くて同等の質以上で仕上げてくれる人達が世界中にいるわけだし。

3.企業に新卒を教育する体力が残っていない 

世界中の企業との競争、投資に継ぐ投資の連続・・・・このような状況で企業も昔のように新人研修をするための余裕がない。それならばしっかりと専門身に付けた海外の大学生を雇う。聞いた話だけど、彼らのうち優秀な人達は10代のうちから将来を見据えて勉強し、専門性を身につけている。これは日本も同じであるかもしれないが、"就活"という一大イベントをきっかけにして考えはじめる人達が大半なんではないかと思う。(もちろん私も例に漏れないが・・・)ここが内定とるやつは何社でもとってくるが取れない奴は一社もとれないといった現象にもつながってくるのだろう。どこの企業も欲しい人材の性質というのは基本的に似ているものであるらしい。

とまぁだいたいこんな感じでこれからずっと新卒の就職状況がよくなるってことはないのではないかと思います。
むしろ悪化の一途をたどるとしか言えない・・・。

ここで問題なのは私達は一体どうすればいいのか?ということになりますよね。

こんなの散々言われていることだけど

1.語学(英語or中国語)
2.能力

を身につけるしかないですよね。

それも中途採用の人達に少し劣るぐらいの勢いの能力で(できれば上回るくらい)

能力に関しては、多岐(語学も入ってるけど・・・)に渡るけど大きくわけて基本的なスキル(リーダーシップや論理的思考)と専門スキル(自分の専門、デザインならデザインとか)に大別されると思うけどこれを大学生活の間に磨きをかけるしかない。
理想を言えばもっと若い、10代の早いうちからやっておくのが理想だけど、やらなかったこと言ってもはじまらないですしね。

ここで勘違いしてはいけないのが、語学だけを身に付けてもどうしようもないということです。それなら英語が母国語のひとや中国人雇えばいいだけですからw 語学があって当然と考えた上で一体自分が何をして価値を生み出し、社会に貢献して対価を得られるのかを真剣に考えておく必要があるのではないかと思います。

「雇ってもらう」といことを考えた場合、私達のライバルは世界中にいて、その人達は私達よりも遥かに優秀で腐るほどいるということを念頭においておかなければにっちもさっちもいかない状態に陥るんじゃないかな・・・。








Comments:3

2012-11-05 (月) 09:03

このコメントは管理者の承認待ちです

2012-12-01 (土) 09:19

このコメントは管理者の承認待ちです

2013-01-22 (火) 04:30

このコメントは管理者の承認待ちです

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://alwaysbemyself.blog114.fc2.com/tb.php/137-bb047f8d
Listed below are links to weblogs that reference
すでに就職氷河期どころか就職永久凍土的な感じじゃね? from Always Be Myself

Home > 雑記 > すでに就職氷河期どころか就職永久凍土的な感じじゃね?

twitter
スポンサーリンク
Tag Cloud
Categories
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。