Always Be Myself - 高所得者は自分の身を守るために多額の税金を払っていると考えてみては?

Home > スポンサー広告 > 高所得者は自分の身を守るために多額の税金を払っていると考えてみては?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://alwaysbemyself.blog114.fc2.com/tb.php/25-18d260ad
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Always Be Myself

Home > スポンサー広告 > 高所得者は自分の身を守るために多額の税金を払っていると考えてみては?

Home > 社会 > 高所得者は自分の身を守るために多額の税金を払っていると考えてみては?

高所得者は自分の身を守るために多額の税金を払っていると考えてみては?

高所得者差別はやめろへのトラックバック

なんでたまたま所得が多いというだけで健康保険住民税も多額を徴収されねばならんのだ。他人より多く病院にかかっているわけでも公共サービスを利用しているわけでもない。むしろ少ないほうだろう。俺の稼ぎでなぜ他人を養ってやらねばならない。

気持ちはものすごく理解できます。その他大勢の人達と同じ程度のサービスしか受けないのにそれよりはるかに多くの金を払っているという不満。

しかし、もし高所得者が税金を他の人と同じくらいの税金しか払っていなかったらどんなことが起こるでしょうか?
ピラミッド型で考えた場合の底辺の低所得者の不満はさらに増大し、そしてひどく治安の悪化がみられるようになると思います。 そしてその対象となるのは高所得者ではないでしょうか?
例えばですがこのような状況がいろいろなところで見られてくると思います。

自身の身を守るためにも税金を払って社会と治安の安定を維持すると考えてみたらそんなに高いものでもない気がします。

俺は人頭税消費税を基本にすべきだと思う。生まれの初期条件や予期せぬ事故についてはそこからの補正値として考える。上の例で言えばAはBよりも多く社会コストを負担することになる。技術的な問題は残るがこれこそ公平な配分というものだ。ついでに相続税を100%にしてしまえば出生の不平等が多少は緩和されるだろう。

私は資産税と付加価値税の2つを基本にして他の税(相続税など)は撤廃すべきだと思います。これらの税方式ならわざわざ節税を対策するような卑怯者になる必要もなくなります。(すべての人が)
それにどうせ「公平」な税制などはありはしないのだから社会を健全に維持できるこれらの税制のほうが理に適っていると思います。

これは「知の衰退」からいかに脱出するか? 第3章 一億総「経済音痴」ってところに書かれています。(記事)


Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://alwaysbemyself.blog114.fc2.com/tb.php/25-18d260ad
Listed below are links to weblogs that reference
高所得者は自分の身を守るために多額の税金を払っていると考えてみては? from Always Be Myself

Home > 社会 > 高所得者は自分の身を守るために多額の税金を払っていると考えてみては?

twitter
スポンサーリンク
Tag Cloud
Categories
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。