Always Be Myself - 情報の海で溺れて溺死してしまう前に-仮説思考

Home > スポンサー広告 > 情報の海で溺れて溺死してしまう前に-仮説思考

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://alwaysbemyself.blog114.fc2.com/tb.php/41-a4dc1df0
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Always Be Myself

Home > スポンサー広告 > 情報の海で溺れて溺死してしまう前に-仮説思考

Home > 書評 > 情報の海で溺れて溺死してしまう前に-仮説思考

情報の海で溺れて溺死してしまう前に-仮説思考

仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法 仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法
内田 和成

東洋経済新報社
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

情報の海で溺れろと言ったあとにはとりあえず溺死してしまわないような方法をっと思いご紹介。

序章 仮説思考とは何か
第1章 まず、仮説ありき
第2章 仮説を使う
第3章 仮説を立てる
第4章 仮説を検証する
第5章 仮説思考力を高める
終章 本書のまとめ

まぁ時間がある時には情報の海に溺れていても息はつづくわけですが、時間がなくなると息も続かなくなってしますよね。そこで重要になってくるのがこの仮説思考。いつだってどんな時にだってたっぷり時間があるって人は例え学生でも相当少ないでしょう。この仮説思考というのはいうなれば情報の海に溺れて溺死しないようにするための思考法とでもいべきものです。時間があるときに溺れるのはかまいませんが、期限が決まっていることがらに関して情報収集を行う時に情報の海に溺れてそのまま溺死していしまうということはよくあることだと思います。つまり情報コレクターになってしまうような状態です。例えば、通常は情報を集めて咀嚼することにより自分なりの結果レポートなどにしてまとめることが目的でしょう。本書はコレクターになってしまうことを防ぐ思考法を解説した本です。かたっぱしから情報を集めてコレクターになってしまいがちな人にはオススメな本だと思います。そのようなやり方では無駄に時間がかかってしまい効率が非常にわるいからです。

本書はビジネスマン向けに書かれた本ではありますがこの仮説思考じたいはあらゆる分野で使うことのできるものです。

例えば本書のP.32では天才棋士の羽生善治さんの思考法について書かれていますが彼の発言を引用しつつそれが仮説思考であることを示しています。P.43では免疫学で有名な先生が昔の恩師から「実験する前に論文を書け」と言われたことを出しながら、ここにも仮説思考が用いられていることが示されています。このようなやり方をするのは仮説思考により結果を見ないですべてを実験で検証しようとすると莫大な時間がかかってしまうからということが書かれています。私は仕事をしたことはありませんが、結構身近な例を出されることによりとてつもなく仮説思考の重要性を感じることができました。

上記のようなことを出しながら筆者は次のようなことを述べています。

私はこの話を知ったとき、仮説思考は分野を超えて活用することができるのだと実感した。

期限がある課題を行う時は情報はがあればあればいいってものではありません。不確実性も同時に増してしまうからです。

みなさんも仮説思考を身につけ効率よく情報を利用してみませんか?

仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法 仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法
内田 和成

東洋経済新報社
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://alwaysbemyself.blog114.fc2.com/tb.php/41-a4dc1df0
Listed below are links to weblogs that reference
情報の海で溺れて溺死してしまう前に-仮説思考 from Always Be Myself

Home > 書評 > 情報の海で溺れて溺死してしまう前に-仮説思考

twitter
スポンサーリンク
Tag Cloud
Categories
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。