Always Be Myself - 調整型の意見ばかりが通るってのは学校のころからの名残みたいなものかも?

Home > スポンサー広告 > 調整型の意見ばかりが通るってのは学校のころからの名残みたいなものかも?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://alwaysbemyself.blog114.fc2.com/tb.php/47-a4d9790c
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Always Be Myself

Home > スポンサー広告 > 調整型の意見ばかりが通るってのは学校のころからの名残みたいなものかも?

Home > 社会 > 調整型の意見ばかりが通るってのは学校のころからの名残みたいなものかも?

調整型の意見ばかりが通るってのは学校のころからの名残みたいなものかも?

こうした感じのことって学生のころからの名残じゃないのかなぁとか思った。

調整型ばかりが出世して、戦略的判断ができなくなる - 物語三昧~できればより深く物語を楽しむためにからの引用

また個人間の競争が少ないというのも神話だ。賃金は平等主義的で年功序列だが、職務の幅が広いためポストの差は非常に大きく、査定の差はアメリカより日本のほうが大きい。NHKでいえば、同期で東京の報道局長と北海道のローカル局長は同じ局長級で賃金もほぼ同じだが、社内的な「力」はまったく違う。前者は理事になり、天下りも約束されるが、後者には天下りポストはほとんどない。そしてサラリーマンは賃金ではなく、「本流ポスト」に残ることをめざして競争するのである。

ただし、こうした競争が企業の生産性を高めるとは限らない。それは社内の人脈をつくるゼロサムのrent-seekingなので、生産性にはあまり貢献しない。むしろ減点法の査定がきびしいために調整型の「人格者」が出世して、思い切った戦略がとれない原因となる。著者は日本企業が「集団主義的」ではなく競争が激しいことを実証データで指摘するが、社内競争の激しい日本企業が対外的な競争力を失った原因を解明できていない。



日本産業社会の「神話」

http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/f4fa700ef16c4516ec859c95e1b0f3bc

これに対しての引用したブログの筆者の意見

ああーわかるわかる。調整型ばかり生き残るんだよな。そしてチャレンジとなる戦略的判断の経験を積めなくなる。これは、確かに、日本社会の正社員の組織の病気だ。

これは、今の日本の現実で、僕が生きているうちには劇的には変わらないだろう。だから「これ」を前提に入れて戦略を練っていかなければならない、と思う。

正社員の病気というか真面目に学生やってきて、ありきたりなことばかりやってきた大人がたくさん大企業の正社員として採用されてるからじゃないだろうか?(例えば上にあるようにNHKとかも含む)

で、こういった大人は今までの学校教育の中で養成されてしまったのではないかと思う。

あくまで個人的に今まで学生として生きてきた経験からの物言いになってしまうが、おそらく学校においてもみなさんもこれに似た経験をもっていると思う。

例えばグループで何かをする時において、昔の人がこうやっていたのだからこうしておけばいいだろうという意見が必ずでてきてそれに賛同するものが、新規の意見に賛同するものより多く現れるものだったと思う。新しい意見が出てくること自体が少なかったかもしれない。(もっとも私も人のことは言えないが・・・)

そして、その真面目でありきたりな人間が出世→部下を今まで通りに査定→また真面目なryのサイクルが繰り返されているのだろう。

これは学校において用意された解答を追い求める教育がなされたことと無関係ではないと思う。なぜなら最初から用意されている解答(上の例なら査定の仕方など)を用いればいいだけであるからだ。もちろん、新しい意見を出したとしてもつぶされてしまうってことが大きな会社などになればなるほど多いということもあるだろうが・・・。

グロービス代表の堀さんのお話をこないだ聞いてきたが住友商事にいたころのお話もしてくれて以下のようなお話をしてくれた。

ハーバードMBAに会社のお金で行かしてもらえたから、そこで学んだこと活かして住友商事内で堀さん自身が新規事業を立ち上げようとしたらそのような提案を受け入れる制度はない、と断られたそうである。理由を聞くと「誰も提案しないから」だったそうであるが、堀さんはそこで自分が提案するからといっても聞き入れてもらえなかったと言っていた。

最も、これはいまから約17年前の話であり、今もこのような感覚がどこの企業にも残っているとは考えにくい。が、おそらく中にいる人間の性質があまり昔とは変わっていないのだろう。

これには考えられる理由が3つあると思う。
1.教育の中で培われた
2.入った時にはやる気満々だが次第に大企業特有の官僚的な雰囲気にのみこまれて・・・
3.日本人の性質(均質化、出る杭はryなど)

まぁどれが原因であるとしても長期的な目でみなければどれも変わらないようなものばかりですね。
まぁ全部が原因であるような気がしますがw

で、私は1がそもそもの原因だとは思いますが(3はあったとしても教育しだいでなんとかなる気がする)、例え1が原因だとしても2がある限り永遠には何も変わらないですよね。
例えば、教育を改善したとしても1000人いるところにそのような教育を受けた人間が1人で入社しても何も変わらないでしょうし。(このようなネガティブ思考が日本人的性質かも?)

私もこういったことを前提とした社会を生きていかねばならないのかぁ・・・・。
なんか最近日本脱出論的なものが話題だしいっそ脱出するか?w

参考:フランスの日々: 日本をもっとダメな国だと思い危機感を煽りましょう


Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://alwaysbemyself.blog114.fc2.com/tb.php/47-a4d9790c
Listed below are links to weblogs that reference
調整型の意見ばかりが通るってのは学校のころからの名残みたいなものかも? from Always Be Myself

Home > 社会 > 調整型の意見ばかりが通るってのは学校のころからの名残みたいなものかも?

twitter
スポンサーリンク
Tag Cloud
Categories
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。