Always Be Myself - ハーバードMBAで学んだことなど-グロービス代表 堀 義人 氏の講演を聞いて part2

Home > スポンサー広告 > ハーバードMBAで学んだことなど-グロービス代表 堀 義人 氏の講演を聞いて part2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://alwaysbemyself.blog114.fc2.com/tb.php/48-5a42b439
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Always Be Myself

Home > スポンサー広告 > ハーバードMBAで学んだことなど-グロービス代表 堀 義人 氏の講演を聞いて part2

Home > セミナー・講演など > ハーバードMBAで学んだことなど-グロービス代表 堀 義人 氏の講演を聞いて part2

ハーバードMBAで学んだことなど-グロービス代表 堀 義人 氏の講演を聞いて part2

part1:大学生の間にすべきこと-グロービス代表 堀 義人 氏の講演を聞いてpart1

part2は内容に一貫性がないものになってしまいますが、メモに書いてあることをまとめてみたいと思います。

堀さんは大学生であったころにあるきっかけがありMBAを意識するようになったそうです。そしていままでさぼっていたが、MBAに行くためにはどうすればいいかを短期的な目標をたてそれを実行しました。具体的には英検1級などを習得したそうです。

そして、住友商事に入社してそこからハーバードMBAに行くわけですが、そこの環境は地獄のような環境だとおっしゃっていました。まず週にいくつものケーススタディをこなし予習はひとつのクラスにつき最低5時間。もちろん言語によるハンディキャップに加えて、クラス内で発言をしなければよい成績評価はもらえない。まさに寝る暇すらなかったそうです。一番の難関は1年でC評価が全科目の半分以上だと追い出されるということです。なのでみんなも必死だったそうです。それでも当時4人に1人は追い出されておりまさに地獄のような環境だったのでしょう。

その地獄の一週間を超えた先の休日にはクラスの仲間同士で集まり将来の夢について語りあったそうです。彼らの間では夢に関してのヒエラルキーがあり、まずピラミッドの一番上にくるのが企業家、2段目にくるのが投資銀行、コンサル、企業オーナーなど。そして3段目が大企業や官公庁などだそうです。これらはリスクが高ければ高いほど上位にある傾向があり、彼らはすすんでリスクテイキングをしていくそうです。これは、様々なことにたいして障壁があるのは当然のことであり、それを乗り越えればいいだけであると考えているからだというのです。大企業に就職しようもんなら「大企業(笑)」ってな感じだったみたいです。
まったく日本人的な感覚とはかけ離れていると思いましたね。そういったことはネットなどから情報を得ていましたが実際にリアルで体験したた人の話を生で聞くとまった違ったものがありました。

 

最後に堀さんのお言葉でですが、「できると思うかどうかは自分次第であり、閉ざしてしまっているのはいつも自分である。」

 

いやぁ、なんか耳が痛かったです。


Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://alwaysbemyself.blog114.fc2.com/tb.php/48-5a42b439
Listed below are links to weblogs that reference
ハーバードMBAで学んだことなど-グロービス代表 堀 義人 氏の講演を聞いて part2 from Always Be Myself

Home > セミナー・講演など > ハーバードMBAで学んだことなど-グロービス代表 堀 義人 氏の講演を聞いて part2

twitter
スポンサーリンク
Tag Cloud
Categories
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。