Always Be Myself - 英会話をうまくしたい人へ-とりあえず相槌から

Home > スポンサー広告 > 英会話をうまくしたい人へ-とりあえず相槌から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://alwaysbemyself.blog114.fc2.com/tb.php/52-53fd64c7
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Always Be Myself

Home > スポンサー広告 > 英会話をうまくしたい人へ-とりあえず相槌から

Home > 英語 > 英会話をうまくしたい人へ-とりあえず相槌から

英会話をうまくしたい人へ-とりあえず相槌から

英語の授業やグループにおけるディスカッションにおいて中々スムーズに会話が進まない、またはぎこちないということが日本人どうしでは頻繁に起こることがあると思います。その原因はあいづちがおこなわれていないからです。 どうしても真剣においての発言内容を聞き取ろうとするあまり反応することを忘れてしまいがちですが、あいづちはとでも重要なものです。

例えば、私たちが日本語での会話においても「うん・・・」、「それで・・・?」、「ふ~ん」「あぁ・・・」など適度に入れて会話を成立させていることだと思います。これは英語でも同じであり、あいづちを入れることにより会話をよりスムーズにできる空気みたいなものができあがります。

英会話における相槌

yeah 「うん」、「あぁ」

uh, huh 「ふ~ん」

I see 「なるほど」

などを相手の発言に合わせて入れていくとそれらしく会話しているように見えると思います。(実際の外国人との会話におても相槌は行います。)

ここで注意しておくのがyeah と I see を連発しすぎるのはよくないです。yeahは連発すると下品らしく、I seeは単なる相槌としてあまり軽く理解を示すために用いるのではなく、会話の内容がより深い時や自分に言い聞かせるために用いるのが普通みたいです。適度に使うフレーズを入れ替えて実際に話を聞いていますよってことをアピールしないと「ほんとにこの人は話を聞いているんだろうか?」と思われてしまうみたいです。

私も英会話がうまいというわけではありませんが、相槌を入れることによって会話の流れや場の空気というものが変わるは実感できます。誰だって自分の発言が相手に理解されているのかどうかということは気になるものであり、その反応が返ってくることでより会話に弾みがつくようになるのだと思います。

相槌にはもっとたくさんの種類がありますが今回はこれだけで・・・・。

 

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://alwaysbemyself.blog114.fc2.com/tb.php/52-53fd64c7
Listed below are links to weblogs that reference
英会話をうまくしたい人へ-とりあえず相槌から from Always Be Myself

Home > 英語 > 英会話をうまくしたい人へ-とりあえず相槌から

twitter
スポンサーリンク
Tag Cloud
Categories
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。