Always Be Myself - 世襲の国会議員は悪なのか?

Home > スポンサー広告 > 世襲の国会議員は悪なのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://alwaysbemyself.blog114.fc2.com/tb.php/66-97b90eb3
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Always Be Myself

Home > スポンサー広告 > 世襲の国会議員は悪なのか?

Home > 社会 > 世襲の国会議員は悪なのか?

世襲の国会議員は悪なのか?

最近、国会議員の世襲問題が相次いでとりあげられ、自民、民主ともに世襲候補の制限をするといったことが(民主は選挙地区を変更?)おこなわれるみたいですが果たして、世襲候補は悪いものなのだろうか?

正直言って、私は世襲候補自体は悪いものではないと思う。もし世襲国会議員に問題があるというのなら、問題があるのはその候補を選んだ国民の方だろう。

我々は議員を選ぶための選挙権を有しており我々が選んだ議員なのである。選挙において資金や地盤がある方が有利に働くというのは否定しない。しかしこれらは本当にいい議員を選ぶといったことにおいて本来ならば重要な要因ではない。候補者同士を比較検討して、何を目指し、何を考え、何を行っているのかを公開されている情報から見極めればいいだけである。広報者から見れば我々が判断をおこなう上での情報の開示を拒むことはないし、たいして資金もかからない。

けれども現実には資金や、地盤的に利のある世襲議員が勝ってしまうのは国民が何も考えずに、親のブランドなどで投票してるからにすぎないのではないだろうか? そして、世襲議員でもその人物が有能ならばなんの問題もないだろう。非難されるべきは世襲議員ではなく、何も考えずに投票を行っている国民のほうだ。(例えば、昔でいう「とりあえず自民党」みたいな人達)

政治というのは国民のレベルが反映されるというが、現状をみているとまさしくそんな感じだ。小沢議員にしろなんにしろ嫌なら次の選挙で落とせばいいだけ。(ここで非難しているのは惰性でずっと小沢議員に投票してるような人達、もちろん比例代表があるから落とせないだろうが国民の意思を表示することは可能だ。)


Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://alwaysbemyself.blog114.fc2.com/tb.php/66-97b90eb3
Listed below are links to weblogs that reference
世襲の国会議員は悪なのか? from Always Be Myself

Home > 社会 > 世襲の国会議員は悪なのか?

twitter
スポンサーリンク
Tag Cloud
Categories
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。