Always Be Myself - 人類が生み出した哲学の中でも、最高峰と称される思想-使える弁証法

Home > スポンサー広告 > 人類が生み出した哲学の中でも、最高峰と称される思想-使える弁証法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://alwaysbemyself.blog114.fc2.com/tb.php/70-d32f537d
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Always Be Myself

Home > スポンサー広告 > 人類が生み出した哲学の中でも、最高峰と称される思想-使える弁証法

Home > 書評 > 人類が生み出した哲学の中でも、最高峰と称される思想-使える弁証法

人類が生み出した哲学の中でも、最高峰と称される思想-使える弁証法

使える 弁証法 使える 弁証法
田坂 広志

東洋経済新報社
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

世の中は螺旋的に発展し、なおかつ矛盾に満ちている。ITによって物事のスピードは急加速した。ドッグイヤー、もしくはマウスイヤーと言われるような時代である。そんな状況下において我々は弁証法的思考を有している必要がある。

目次

序話 なぜ、調査や分析をせずに、未来が見えるのか
第1章 弁証法は、役に立つ(「弁証法」は、日々の仕事の役に立つ
弁証法において、「最も役に立つ法則」、世の中の「螺旋的発展」を引き起こした革命 ほか)

第2章 弁証法を、どう使うか(消えたものは、必ず「復活」してくる
消えたものには、「意味」がある、復活では、必ず「価値」が付け加わる ほか)

第3章 弁証法で、身につく力(弁証法を知ると「対話力」が身につく
弁証法を知ると「歴史観」が身につく)

ちなみにドッグイヤー、マウスイヤーがどういったものかを説明しておくと、

マウスは人間の18倍の速さで成長するので、マウスの1年は人間の18年に相当する。このマウスにとっての1年が、「マウスイヤー」である。数年前に「ドッグイヤー」ということばが登場したが、これは人間の7倍の速さで犬が年をとっていくことから、IT(情報技術)の進歩は犬の年のとり方と同じくらいの速さで変化していくということを表現したものだった。しかし、今ではそれどころか、「マウスイヤー」のスピードで世の中は変化しているという。そして、その変化に対応していかなければ、社会から振り落とされてしまうのである。自分ではその業界において完璧と思われる知識や技術もまたたくまに古くなり、陳腐なものとなってしまう。逆に進歩の速度が遅いものは、亀からとって「タートルイヤー」とよばれている。

http://dic.yahoo.co.jp/newword?ref=1&index=2005000263

本書は弁証法をどういうふうに使えば、世の中の本質を見抜く洞察力、世の中の変化の未来が見える予見力、そして対話力が身に着くかを解説した本です。これらは弁証法の5つの法則

・「事物の螺旋的発展」の法則
・「否定の否定による発展」の法則
・「量から質への転化による発展」の法則
・「対立物の相互浸透による発展」の法則
・「矛盾の止揚による発展」の法則

が根底にあると筆者は述べています。

今の世の中に起きていることはすでに過去に一度起こったものであることなどを(螺旋的発展の法則)具体例を示して、我々に解説してくれています。例をあげますと、ネットオークションは元々人が集まってやるものであったが今やそれがネットの世界に移動してしまったことなどを挙げて、これは螺旋的法則にのっとっていることなどが示されていきます。これらの法則に基づいて、世の中のいたるところにあるものが説明できることを具体例をあげ示してくれます。本当に説明できてしまうことに驚かずにはいられません。

上記の法則を頭に叩き込んで、弁証法的思考を身につけることに成功したら次に何が起こるかを見抜く力が身につくというのです。現代はドッグイヤー、マウスイヤーと呼ばれるような時代であり、これらを身につけることは現代人にとって必須です。なぜなら、発展のスピードがあまりにも早くなってしまったために物事が螺旋的進化を遂げるのを予測していないと対応しきれないからです。物事の進化のスピードが遅い時代にも螺旋的進化をしてはいましたがそのスピードはゆったりだった。微小的に見ればその進化は直線的だとみなすことができます。(微分は習ったときに説明された解説のような感じですw)ですが、今はマウスイヤー。この法則を把握していないとまたたく間に時代に取り残されてしまいます。

螺旋的発展の法則ばかりについて軽く紹介しましたがこれは螺旋的発展の法則が一番重要な法則だと筆者が述べているからです。重要なのは螺旋的発展の法則ですが、その他の法則の一番の根底にあり、弁証法の最も基本的な思想を表しているのは「矛盾の止揚による発展」の法則であります。もちろんその他の法則も重要ですがそれは本書を確認してみてください。

使える 弁証法 使える 弁証法
田坂 広志

東洋経済新報社
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://alwaysbemyself.blog114.fc2.com/tb.php/70-d32f537d
Listed below are links to weblogs that reference
人類が生み出した哲学の中でも、最高峰と称される思想-使える弁証法 from Always Be Myself

Home > 書評 > 人類が生み出した哲学の中でも、最高峰と称される思想-使える弁証法

twitter
スポンサーリンク
Tag Cloud
Categories
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。