Always Be Myself - 知的生産力が劇的に高まる最強フレームワーク100

Home > スポンサー広告 > 知的生産力が劇的に高まる最強フレームワーク100

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://alwaysbemyself.blog114.fc2.com/tb.php/71-0fba2f37
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Always Be Myself

Home > スポンサー広告 > 知的生産力が劇的に高まる最強フレームワーク100

Home > 書評 > 知的生産力が劇的に高まる最強フレームワーク100

知的生産力が劇的に高まる最強フレームワーク100

知的生産力が劇的に高まる最強フレームワーク100 知的生産力が劇的に高まる最強フレームワーク100
永田 豊志

ソフトバンククリエイティブ
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者が日頃から使用している知的創造を行うためのフレームワーク&思考ツール集

目次

はじめに~ Time is limited.

第1章 忙しいのに収入が増えない日本のビジネスマンに必要なもの
・日本人ほど勉強熱心な民族はいないが、生産性は先進諸国最下位
・「なぜ、そうなるのかを」を考えないから思考が停止する
・モーレツに忙しいのに、給料が上がらない3つの理由 理由1.インターネットがアナタの給料を上げない/ 理由2.グローバリゼーションがアナタの給料を上げない/理由3.雇用の多様化がアナタの給料を上げない
・知的生産性の劇的向上と創造力が唯一の解決策 ポイント1.フレームワークを使いこなして、最短で本質に到達/ポイント2.チャートを使いこなして、データの整理と見える化/ポイント3.ITを使いこなして、アウトプット効率の最大化
・格差社会を乗り切る最後のカードは「創造力」
・経営コンサルに負けない論理力を身につけ、知的生産性を高めよう

第2章 ビジネス戦略に使えるコンセプトフレームワーク 28
・MECE(ミーシー)-モレなく、ダブりなく、問題を整理する
・仮説思考-未知の物事を予測する、事件を解決する
・ロジックツリー/ピラミッドストラクチャ-論理的に考え、相手に説明する
・5W1H(または5W2H)-プロジェクトの要件を整理する
・企業ピラミッド(ビジョン・戦略・オペレーション)-経営意思から現場までの一貫性を構築
・デルタモデル-戦略立案から実行まで、企業の戦略を練る
・PEST分析-経済や社会の変化・・・・・・、外部環境を分析する 他

第3章 カイゼン、時間管理に使えるフレームワーク 17
・PDCA-どんどん良くなる好循環のサイクルを回す!
・時間管理のマトリックス-重要度×緊急度で優先順位をつける
・GTD(Getting Things Done)-ストレスフリーのやらなきゃリスト整理法 他

第4章 マーケティングとアイディアの発想に使えるフレームワーク
・マーケティングプロセス-売れる仕組みを作るための基本的な手順を探る
・マーケットセグメンテーション-自社の狙うターゲットを特定する
・マーケティングミックス(マーケティングの4P、4C)-売れる仕組みを作るための実行プロセス
・プロモーションミックス-商品を知ってもらうための実行プロセス 他

第5章 数値を魅力的に伝えるデータチャート 23
・チャート作成 3つのステップ-なぜ、チャートを作るのか?
・主なチャートの12種-目的に合わせてチャートを選ぶ
・Chart Chooser-目的に合わせてチャートを選んでくれるサービス 他

第6章 知的生産性を高めるアウトプットTips 12
・一生の生産性を決めるPCの使いこなし-すごいアウトプット術とは?
・ショートカットキー-明日からできる劇的生産性向上の鍵
・検索効率化のルール-毎日何度も使うものだから効果も大きい 他
おわりに
参考文献・オススメ図書案内

以下はじめにより

マシンにできること、労働集約的なことはほかに任せて、本当にクリエイティビティの高い仕事をやることが一番大事なことなんです。

ホワイトカラーであっても創造性の高い仕事をやらないと、そのうちインドや中国、東南アジア諸国の労働リソースと闘う羽目になります。「いくら働いても給与が上がらない」現象が続くのです。

これはすべての先進国で働く者に当てはまることであり、やらねばならないことである。質が似ているのならば絶対に安い労働力にはかなわないのであり、そのためには創造的な仕事をやらねばなりません。それを可能にするのがフレームワークであり思考ツールです。

ただ本書は、過去に他の本で学んだ思考法やフレームワークをざっと見直すのに便利ではありますが、これだけでこれらのフレームワークを取得できるものではありません。辞典的な使い方をするのに向いています。ですが、後ろにはちゃんと参考文献がついており、それらを参照することによって気になるフレームワークを深く学べるような配慮がなされています。

学ぶといったことをするのには向いていませんが、考え、アイデアだしに詰まったときなどにも本書を参照することによって新たなひらめきがでてきるようになったりする活用の仕方も考えられます。

いままでたくさんの本を読んできて、忘れてしまっているフレームワークがあるだろうなぁって人にとっては、本書を参照することによってそれらを思い出し、有効活用する機会がめぐってくるものだと思います。

知的生産力が劇的に高まる最強フレームワーク100 知的生産力が劇的に高まる最強フレームワーク100
永田 豊志

ソフトバンククリエイティブ
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://alwaysbemyself.blog114.fc2.com/tb.php/71-0fba2f37
Listed below are links to weblogs that reference
知的生産力が劇的に高まる最強フレームワーク100 from Always Be Myself

Home > 書評 > 知的生産力が劇的に高まる最強フレームワーク100

twitter
スポンサーリンク
Tag Cloud
Categories
Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。